みんなに知ってほしいテコンドーの魅力とは?

今やオリンピック種目にもなり人気急上昇中のテコンドー。

その魅力を余すところなく紹介していきます。

1.テコンドーの魅力とは

オリンピック種目として知名度も急上昇中のテコンドー。その魅力は一言で表すととにかく華麗であることではないでしょうか。

その魅力たるや他の競技から転向する選手が続出するほどです。

では、テコンドーのもつ魅力を格闘技としてスポットを当てて紹介していきましょう。

1. 華麗な足技

テコンドー最大の魅力は何といっても華麗な足技でしょう。アクション映画で次々に繰り出される鮮やかな蹴り技の数々は見る人を魅了するほどの美しさです。

テコンドーには下段への蹴り技が禁止されている分、打点の高い中段と上段への蹴りが著しく発達しました。

特にマシンガンのような片足での連続蹴りや踊るような後ろ廻し蹴りなどの回転蹴りの数々は他の格闘技でも見られないテコンドーならではの攻防です。

WTFテコンドーでは蹴りが9割で顔面へのパンチがない分、いかに蹴りで相手の上段を蹴るかが長年にわたって研究されてきました。

テコンドーの蹴り技は厳しいルールあって美しく研ぎ澄まされてきたのです。

2. 軽快なステップ

テコンドーはダメージを与えて倒す競技ではなく技の正確さや得点を競い合うポイント制です。

相手の攻撃が当たるとポイントになってしまうため、もらいながら倒しに行く戦法ではなく「相手の攻撃をできるだけもらわずに自分の攻撃を当てる」戦術が重要になります。

そのため、テコンドーのステップは「相手の攻撃をかわしやすく、かつ蹴りを出しやすい」形態へと進化をとげていったのです。

空手やキックボクシングの選手が格闘技イベントにおいて、ステップや足技で翻弄されているのを目撃したことがある方は多いのではないでしょうか。

ただ華麗なだけでなく、テコンドー選手の走るようなフットワークはスピードや小回りという点で圧倒的に有利なのです。

相手の攻撃をかわし、自分の攻撃を的確に当てる。撃たせずに打つ戦いができるのもテコンドーの魅力なのです。




2. まだまだあるテコンドーの魅力

テコンドーは攻撃面や防御面でスピード感のある攻防を行える魅力に富んでいますが魅力はそれだけにとどまりません。

テコンドーだからこそのメリットをここでは紹介していきたいと思います。

1. 安全で理論的な練習体形

テコンドーは他の格闘技と比べて怪我を比較的しにくいと言われます。

なぜなら日頃の組手練習から「胴や脛当てなどのプロテクターを完備して取り組む」からです。

確かに空手やキックボクシングでも、脛当てやヘッドギア、グローブなど防具を取り入れている団体も多く子供の練習ではつけさせている道場は多いでしょう。

しかしながら、一般の部(成人の部)の試合ではヘッドギアや胴プロテクターが禁止されている場合がほとんどです。

その点、テコンドーは年齢や段級にかかわらず「安全面を重視するためのプロテクター着用」が義務付けられています。

この胴プロテクターは肋骨や内臓の損傷を未然に防いだり、心臓震盪を防ぐうえでも非常に有効ですし、公式の試合でここまで安全を重視した競技はそうそうありません。

テコンドーの組手ではヘッドギア・マウスピース・胴プロテクター・肘と膝のサポーター・電子ソックスなど一例を挙げただけでもここまで防具をそろえていますので安全性が比較的高いと言えるでしょう。

実際、骨折や内臓破裂、心臓震盪のリスクもテコンドーはかなり低いです。

ポイント制である以上「相手の攻撃はもらわずに避ける」「ステップが間に合わずに植えてしまう時を想定して防具によってダメージを最小限に抑える」といった取り組みがなされてきたのです。だからこそテコンドーは安全で理論的、誰にでもわかりやすく取り組めるのです。

以上がテコンドーにおける魅力の数々です。確かに他の競技や格闘技も目を見張るほど素晴らしいのですが、テコンドーほど安全面に気を配った理論的な競技はそう多くはありません。さあ、あなたもテコンドーの魅力に触れてみませんか。
ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事