フットサルのコーナーキック戦術

フットサルではどれだけ各種プレイを上達していても、コーナーキックからの得点は思いのほか難しいです。

より高い確率で得点できるコーナーキックの戦術とはどのようなものがあるのかご紹介します。

1.コーナーキックでは決めごとを活用する

事前にミーティングしておき、得点確率をあげましょう。

フットサルはサッカーのように高いボールでヘディング勝負をするようなコーナーキックに向いていません。

ゴールマウスは小さいですし競り合うボールも小さいです。

またディフェンス側は基本的にゴールされなければいい立場ですから、当然ゴール前に密集してブロックを形成します。

ですので単純なヘディングのシュートは簡単に弾き返されるでしょう。

このような状況で得点確率の高い戦術は安易な放り込みではありません。

サインプレーと呼ばれる決めごとからの攻撃戦術になります。

事前にコーナーキックを蹴るのは誰か、誰がどう動くか、最終的な狙いはどこにするか、いくつかのパターンの決めごとをつくっておき、コーナーキックの際に蹴るメンバーのサインでどのパターンを行うか決める戦術です。

まずは決めごとに沿った動きの練習を行っておき実戦に備えましょう。




2.ゴール前にスペースをつくる

コーナーキックでのサインプレーの基本的な考え方を見てみましょう。

フットサルのゴールは小さいですからディフェンスは当然その小さなゴールを埋めるように密集します。

この密集を崩すためにはどこかに釣りださないといけません。

シンプルな戦術ですと、密集した相手から離れた位置の味方にパスしロングシュートを匂わせながらキープする方法があります。

若干スローなドリブルでディフェンダーが食いつくのを誘いますが、食いついてこなければ狙いすましたロングシュートを見せて脅威を与えておけば、次のコーナーキックでは誘いに乗ってきてくれるでしょう。

食いついてきてくれればそのディフェンスがいた場所にスペースができるので、ここに走り込んだ味方がシュートを狙います。

このようにイニシアチブを常に握って、ディフェンスの嫌がることで仕掛けて動かすのは攻撃戦術の基本的な考え方になります。

もっとシンプルで効果的なのは、コーナーキックになったら素早くセットしリスタートを行う戦術です。

密集される前に攻撃してしまおうという発想の戦術ですが、すぐにリスタートする以外細かな決めごとをしておかなくていい分、練習や戦術の上達が必要がないので行いやすいと思います。




おすすめの記事