防御の基本とコツ  | サバゲーのテクニック

サバゲー初心者の方とサバゲーをする時、防御のコツとかってないですか?と聞かれることはよくあります。

そこで、「防御の基本とコツ | サバゲーのテクニック」を紹介していきます。

1.防御の基本

サバゲーでの防御のコツは人それぞれで、違いますが、共通していることは拠点を守るということです。

もちろん、前線のアタッカーが有利ならそれに加勢しに行くのもいいですが、不利な場合は、ディフェンダーの防御が不可欠です。

サバゲー初心者の大半は、アタッカーになりますが、攻撃と防御を両方、出来ることに越したことはありません。

防御のコツとしては相手をそれ以上、拠点に近づけないようにどうするかが鍵になってきます。

それでは次に、サバゲー初心者でもやりやすい防御のコツを説明していきます。

1.プレッシャーをかける

プレッシャーとは圧力のことで、相手に対して弾幕を展開して制限時間内を耐えきることです。

大体、拠点に近くに相手が4,5人いたら、もう引き分けに持ち込むのが得策です。

自分のチームにガンナーがいれば、別ですが、相手にもガンナーがいれば巻き返しは困難なので、時間切れまでひたすら耐えるしかありません。

注意することは残り時間が長いと弾数がもたないと思いますので、可能な限り攻撃は続けつつ、弾数をもたさないといけないことなので、気をつけながら、防御しましょう。




2.アンブッシュを利用して相手をヒットする

アンブッシュの方法を使う場合は、裏取りのされやすいフィールドでは、かなりの効果が期待できます。

また自分の拠点周辺に味方が居ないように見せれば、相手も警戒を若干、解きます。

注意する点は相手が押し寄せてきた時は対処しづらいので、裏取りをしに来た相手に対して、この防御方法を使い、通常の防御はプレッシャーのほうがいいでしょう。

2.攻撃と防御のバランスが重要

サバゲーにおいては、場面ごとに違いますが、攻撃と防御のバランスがゲームを左右することがあります。

ゲーム開始時に一方向だけに突撃していったら、他方向がガラ空きになるので、バランスよく配置することも重要です。

ただ、サバゲーの面白いところは、どんな戦術をとっても正解がないので、色んな戦術や時には奇想天外な戦術が生まれたりするので、経験は重要になってきます。

私自身も長いことサバゲーをやっていますが、まだまだ未熟な部分もあり、日々、こうすればどうかや銃の組み合わせやポジションのイメージトレーニングをしています。

サバゲー初心者の方は、攻撃だとか防御だとか難しいことを考えずに、まずは、楽しむことを覚えて、慣れてから色んな戦術やポジションを経験してみるのがいいと思います。




おすすめの記事