30代後半から40代前半で始めるバレエのダイエットについて

30代後半になると痩せにくくなるとは聞いたことがあったれけど、実際その年齢になるとその事実に驚いてしまうほど、痩せないものです。そこで、「30代後半から40代前半で始めるバレエのダイエット」について、考えてみたいと思います。

1.基礎代謝が落ちる年代のダイエット

人間は男女を問わず、年齢が上がるにつれ体脂肪率が上昇することがわかっています。原因は、加齢によって筋肉量が減り、基礎代謝が低下するからだそうです。

筋肉量が減り基礎代謝が落ちると、例えばウォーキングをしたとき若い頃と同じ歩数を歩いても実際に消費するカロリーは少なくなってしまうため、

ウォーキングだけで体重を落とそうと思っても、結果は出にくくなるというわけです。

つまり、今からのダイエットは筋肉をつけて基礎代謝を上げないとダイエットの成功が難しくなるというわけなので、

バレエのレッスンを通して筋肉量を付けながら、バレエ以外にウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせるのがベストです。

2.ダイエットの為にタンパク質を

筋肉をつけて基礎代謝を上げるということは、運動以外にも必要なものが出てきます。

その一つが、タンパク質です。

タンパク質は筋肉を強くしてくれる働きがあり、筋力をつけ基礎代謝をあげることによってダイエットを目指すならば必要不可欠の栄養素です。

せっかくバレエのレッスンや筋力トレーニングなどで、筋肉痛になるまで頑張っても、なかなか筋肉がついた実感を得るのが困難なのがこの年代です。

だからこそ、しっかりタンパク質を取って、鍛えた筋肉を強くしたいのですが、




本来なら食事から摂取したいのに、一日の必要摂取量のタンパク質を全て食事から摂取するのはなかなか大変なので、そんな時はプロテインの利用がお勧めです。

そもそもタンパク質は、ダイエットや筋トレをするから必要なのではなく、人が生きる上で最も重要な栄養素ですから、不足し始めるこの時期から上手に摂取したいものです。

またプロテインについて、摂取すると太ると思われている方もいらっしゃると思いますが、

正しく、適量を、運動習慣をもって摂取する分には太りませんので、摂取量などを確認しながら使っていただけばと思います。

3.良質な睡眠をとろう

筋肉をつけて基礎代謝を上げることでダイエット効果を得ようと思った時、もう一つ大事なことが睡眠です。

皆さんも既に成長ホルモンと言う言葉をご存知だと思いますが、最も分泌されるのが睡眠中とされ、眠っている間に筋力トレーニングやバレエのレッスンで傷んだ筋肉を修復したり、筋肉を成長させてくれる働きがあります。

つまり運動をした後は、タンパク質と睡眠を正しく取らないと、筋肉はなかなかつかないということでもあります。

また、女性はこの時期あたりから、徐々に身体の変化を実感することが増えますが、その中に寝つきの悪さや不眠を感じられることがあると思います。

女性にとって睡眠の質が悪いことは、身体の色々な面で影響を及ぼす為、せめてバレエの日やウォーキングをした日は、ゆっくり眠れるように努めて欲しいと思います。

若い頃散々挑戦した「食べないダイエット」もそろそろ卒業の時期が来ました。これからは筋力をつけて、健康に痩せていけるように工夫すること自体を楽しんでいただきたいと思います。




おすすめの記事