フットサルのダブルタッチのコツ

フットサルの高度な足技にはダブルタッチというものもあります。

見た目はシンプルですが効果は大きく、動作がコンパクトなのでフットサルの細かなプレイと相性が抜群に良いです。

コツを練習ししっかり上達すれば、かなりのドリブラーになれるでしょう。

1.ダブルタッチの一連の動き方

動きシンプルですが柔らかさとスピードが重要です。

片方の足のインサイドで逆の足の方へ送り、逆足で大きくタッチしてボールと身体を同時に前に出しディフェンスの脇を抜けます。

たったこれだけがダブルタッチですが、自身も一緒にすり抜けることでディフェンスを一気に置き去りに出来ます。

片方の足から逆足までと、逆足に来たら瞬時に走り出し同時にタッチして持ち出すまでの動きが滑らかでスピーディであることを求められます。

コンパクトでスピーディ、まさにフットサルを体現する足技だと言えます。

2.深さが大事

ダブルタッチを上達しようと練習してもうまくいかないときは深さをチェックしましょう。

ダブルタッチがうまく決まらない原因の多くは深さが足りないことです。

素早く行おうとして両足の距離が短くなってしまうと、多少遅れてでもディフェンスのカットが届いてしまいます。




逆に両足を開きすぎると持ち出す初速が遅くなってしまいます。

ダブルタッチのベストな距離感は人によって変わってきますから、練習して身につけるしかありません。

深さがわかってくるとディフェンスを呼び込んでのダブルタッチが面白いように決まりますから、頑張ってマスターしましょう。

3.他のフェイントと組み合わせる

ダブルタッチ単体でも強力な足技ですが、組み合わせやすさを生かしてもいいでしょう。

ダブルタッチは自体は非常にシンプルですから、色んなフェイントやプレイと組み合わせるのが容易です。

例えば跨ぎフェイントでタイミングを外してからのダブルタッチだと反応もされずに通り過ぎることも可能でしょう。

跨ぎで硬直したディフェンスならダブルタッチの持ち出しのところで横ではなく股下を抜いていくのも面白いですね。

これをパスにすれば目の前のディフェンスの真後ろの味方に通せますから、かなり意表をつけることでしょう。

単純なパスの前にダブルタッチを入れるだけで、味方が動き出す間を作ることもできます。

アイディア次第でどのようなプレイとも相性がいいダブルタッチを上達しておけば、より多くの得点チャンスを生み出せると思います。




おすすめの記事