エレキギターを趣味で始めたばかりの初心者は早く上達したいと思います。

でも、すぐには上達しません。

なんでも時間がかかるものです。

そこで、最短距離でエレキギターが上達するための運指練習を紹介します。

1.運指練習その1 クロマチック練習

まず、運指練習の基本のクロマチック練習を紹介します。

クロマチック練習とは、半音階ずつ音をずらしながら弾くことです。

エレキギターでいうと、1フレットずつ移動させるものです。

6弦の1フレットから順に半音ずつ、フレットを変えながらピッキングをします。

この際に、人差し指から小指まで全部を使って、4フレット分弾いてください。

6弦の4フレットまで弾いたら、5弦の1から4フレットと弾いてください。

そのまま1弦までいったら、小指を押さえたまま、5フレットに半音移動させてください。

今度は逆に5~2フレットと弾いて、6弦まで戻ってください。

戻ったら、また1フレットずらして、上のフレットから順に弾いていってください。

6~1弦の場合は、低い音から高い音へ。

1~6弦の場合は、高い音から低い音へ弾いていきましょう。

この2つの繰り返しを12フレットに到達するまで弾いてください

全部の指を使うので、感を取り戻すのにぴったりの練習方法です。




メトロノームを使って、ゆっくりなテンポから徐々に速くしていきましょう。

地道に感じると思いますが、この練習が1番効果的で集中してできます。

2.運指練習その2 特殊なクロマチック

クロマチック練習が上手くできてきたら、次はその応用をやってみましょう。

まず、同じように6弦1フレットから弾いていきますが、次の指が変わってきます。

順に、5弦2フレット、4弦3フレット、3弦4フレットです。

斜めに指の形がなります。

この運指を4弦までやるのが1セットです。

そしたら、今度は順に1弦4フレット、2弦3フレット、3弦2フレット、4弦1フレットと弾き、3弦までこの運指で弾きます。

6弦に人差し指がくるので、そこで1フレット移動して、初めの繰り返しを弾きます。

これを、9フレットくらいまでやりましょう。

おそらく初めはうまく音が出ないと思います。

運指が特殊な形なので、弾くのが面倒だと思いますが、指の大きく開けるので効果的です。

また、複雑な運指で流れ作業ではできない人のため、ミスタッチが少なくなるような指運びの感覚も掴めると思います。

以上、エレキギターが上達する運指練習でした。

2種類の練習を上手く使って、趣味で始めたばかりの人もすぐに上達しちゃいましょう。




おすすめの記事