エレキギターのミュートのやり方

エレキギターで最も重要なテクニックをご存知ですか。

趣味で始めた初心者からプロのギタリストまで悩む、永遠の課題。

それが、ミュートと呼ばれるテクニックです。

あまり耳にしたことがないかもしれませんが、本当に重要なテクニックなのでしっかり覚えましょう。

1.ミュートとは

エレキギターでいうミュートとは、2種類あります。

1つ目はブリッジミュートと呼ばれるものです。

ギターの響きを切るテクニックです。

2つ目は音を出さない不要な弦を指で触れておき、ノイズを未然に防ぐものです。

こちらは単純にミュートで覚えましょう。

このテクニックは自然にやっている人がいるかもしれませんが、やってない人がほとんどなのでここで再度覚えて、実践していきましょう。

2.それぞれのミュートのやり方

この項では2種類のミュートのやり方を紹介します。

1.ブリッジミュート

ブリッジミュートは、ギターのボディ側にあるブリッジに手を置いて、音を切って演奏します。

まず、右手の小指側のお腹の部分をブリッジに当ててください。

あくまで、優しく触れるようにしましょう。

また、ブリッジの下の部分だと、ミュートがされないので、ブリッジの上の部分、すこしヘッド側に手を当てましょう。

触れたら、そのままピッキングをしてください。

これで音が響かず、切れた音がでたらブリッジミュートの成功です。

フレーズとしては、パワーコードを押さえて、ブリッジミュートをしながら弾くことが多いです。




メタルなどのジャンルでギターの音を形容する際に、「ズクズク」と言われるものは、ブリッジミュートを用いています。

メタルを趣味で弾きたいという方は、必須のテクニックなので、練習しておきましょう。

2.不要な弦のミュート

これは、コードを弾く時に多く使われます。

わかりやすいのが、Cコードなので押さえてみましょう。

Cコードを押さえた際に全弦を弾くようにストロークしてください。

弾いてみると、6弦が鳴ってしまいませんか。

鳴っているとCコードではなくなり、綺麗なコードとは言えなくなってしまいます。

そんなことを解消するためにミュートがあります。

Cコードの場合は、5弦を押さえている薬指で6弦を触れて、弾きましょう。

これが不要な弦のミュートです。

鳴らしたくない弦を、近くの指で触れて、音を出さないようにします。

注意点として、弦を少し押さえてしまって、余計な音を鳴らしてしまうことです。

コードを弾く際には、あくまで触れるだけという意識を持って、ミュートをしていきましょう。

慣れてくれば、自然とミュートができるようになり、コードをより綺麗に鳴らすことができます。

また、全弦を思い切り弾けることで、アクセントを付けやすくもなります。

場合によっては、親指を巻き込むこともあるので、臨機応変にミュートをしましょう。

余計な音を鳴らさないテクニックであるミュート。

綺麗にギターを鳴らせるだけでなく、演奏の幅を広げるテクニックなのでぜひ覚えましょう。




おすすめの記事