ストロークについて | ゴルフのパッティングの基本

今回はパッティングのストロークについて見ていきたいと思います。

前回は打つ前の準備についてお伝えしましたが、アドレスがよくてもストロークが悪ければボールをしっかり捉えることができません。

それなので、ストロークについてもしっかりと見ていきましょう。

1.パッティングのストローク

ゴルフにおいてもパッティングの重要性については何度もお伝えしましたので理解して頂けたと思います。

では、パッティングのストロークにおいて重要なことは何なのでしょうか。

まず一つ目としては、パターの芯でしっかりボールを捉えることが挙げられます。

どれだけいいアドレスをしていてもストロークが悪ければパターの芯でボールを捉えることはできません。

パターの芯でボールを捉えなければ打ち出したボールは勢いがなく弱いボールにとなり傾斜やグリーンの凹凸に負けてしまいます。

傾斜やグリーンの凹凸に負けてしまうということは、それだけカップに入る可能性が下がってしまうのでゴルフにおいてスコアをまとめるためにはしっかりとパターの芯でボールを捉えることが重要になってきます。

そしてもう一つ重要なことは、パッティングのストロークのリズムを一定にするということです。

急に振り上げれば戻すときスピードを緩めてしまいやすくなりますし、逆にゆっくり上げすぎるとタイミングが合わず急に加速させすぎて下してしまいやすくなります。

ゴルフにおいては、どのクラブでのショットも同じなのですが、急加速急発進や急減速というように“急”がつくような動作は厳禁となります。

今、お伝えした二点のパッティングのストロークの重要な点を意識しながら次は実際のストロークの仕方について見ていきましょう。




1.実際のパッティングストロークの仕方

実際のゴルフのパッティングのストロークの仕方には、大きく分けて二種類の方法はあります。

その方法の分け方としては、ボールのインパクトの仕方によって分けられています。

一つ目は、バックスイングとフォロースルーの大きさを同じにして行う方法とそしてもう一つは、ボールを打って終わりというようにフォロースルーをあまりとらない方法です。

どちらがよいというわけではなく次回お伝えしますが、距離感を出しやすい方を何度もパッティングしてみて一番ご自身で距離感が合う打ち方を見つけることが重要です。

インパクトの方法は決まれば、あとは振るだけですが通常のショットと違い体重移動をする必要がないのでバックスイングで肩を回す必要もなく、肩を上下に動かすという意識を持って回転を行うとその場で回りやすく、インパクトのポイントがズレにくくなりパターの芯でボールを捉えやすくなります。

あと一つパッティングのストロークのポイントを挙げると、体重移動をする必要がないので両足の膝をバックスイングからインパクトを行うまでの間、動かさないということです。

こうすることでより体の軸がズレにくくなるのでパターの芯でボールを捉える確率がいっそう上がります。

あとは実際のパッティングのストローク中、意識がボールより目標のカップにいきやすくなるのでボールを打ったあともしばらくはボールのあった位置を見続けるように打つと狙ったところにボールを打ちやすくなります。

以上の点を注意してパッティングを行ってください、そうすれば必ずいい結果が現れてきます。




おすすめの記事