サバゲー初心者へ色々な情報をお伝えしてきましたが、今回からは私自身の経験も踏まえての豆戦法をご紹介していきます。

今回は、「広いフィールドでは拳銃は不利?|サバゲー初心者へ教える豆戦法」を紹介していきます。

1.サバゲーのハンドガンの位置づけ

サバゲー初心者の方には、もうフィールドでガンガン活躍されている方もいるかと思います。

そんな中で時々、一緒のチームになったサバゲー初心者が私に対していくつか質問してくることがありました。

その中でも多かったのが広いフィールドでハンドガンだけで大丈夫ですか?という質問でした。

ハンドガンは本来はサブアームとしての役割が多いです。

大体、サバゲー初心者の方が、そういう質問をしてくるときは私自身の装備が軽装の時にされますし、アサルトのほうが優位というのは知っています。

それではハンドガンはやはり不利なのかというと必ずしもそうではないことを次の設問で紹介していきます。

1.接近戦に持ち込めば勝機はあり

これは相手がアサルトライフルなど長物の場合はジリジリと距離を詰めていくことで、相手の死角を狙っていきます。

また拳銃であれば、ライフルと違って取り回しがよく、潜伏する際にもあまり音を立てることが少ないので相手の背後を突くことができます。




私の場合は、相手に自分の姿を一度だけ見せておいて、相手を所定の位置まで誘導したら背後から撃つスタイルです。

2.デュアルハンドガンなら火力アップ

ハンドガンが不利な理由の一つとしては火力不足がよく挙げられます。

確かにサブマシンガンやライフルには劣りますが、二丁拳銃ならば弾数も二倍になり、火力的にはサブマシンが程に上がります。

さらに取り回しがいいので移動も楽ですし、二方向に向けて対応することができます。

私が二丁を使うときは右手に通常のハンドガン、左手にマシンピストルを持って戦います。

これは利き腕が右なので精密射撃は右、制圧射撃は左で、必要に応じて両方を同時に運用することもできるので便利です。

ただ、注意する点はマシンピストルはロングマガジンにすると取り回しが悪くなりますので、ノーマルマガジンであまり無駄撃ちをしないようにしましょう。

2.ハンドガンは使い方次第で広いフィールドでも有利に

先ほども書きましたが、基本的に広いフィールドでは射程の長いライフルを使うのが、優位な戦い方です。

しかし、接近戦に持ち込まれた際や回避行動を取る場合に、長いライフルが邪魔になったりすることもあります。

ただ、ハンドガンで戦うのは、それなりの技術や経験がいると思いますので、ある程度、サバゲーに慣れてきたあたりでお試しでやってみることをおすすめします。




おすすめの記事