フットサルの色々なテクニック〜ヒールリフト・ビッグブリッジ〜

沢山のフットサルにおけるテクニックをご紹介してきましたが、まだまだ知っておくといいことや上達しておきたいものがあります。

しっかりと練習しておき、プレイの引き出しを増やしていきましょう。

1.ヒールリフト

南米的な相手を翻弄するフェイントですね。

フットサルのある種の見せ技とでも言えるテクニックです。

自身へのパスを軽くリフトし、かかとで蹴り上げてディフェンスの上を抜いていきます。

自身は横に抜けますのでボールとホルダーが別々に分かれることで翻弄出来ます。

ヒールで蹴る動きがそのまま前に動き出す姿勢と連動することで素早く抜き去ることが出来ますが、その後のプレイが難しくなるので注意が必要です。

すぐさまボレーやトラップするためにヒールでのキックの高さをうまく調節できるようになると成功しやすくなるでしょう。

またリフト方法も様々で各人自分にあった方法でリフトすると失敗しにくくて良いでしょう。

逆に言えばどのような状況でもリフト出来るということで、スキルの高さが試されるテクニックと言えます。

難易度が高く成功率は低いですが、やはり華があるフットサルらしいトリックプレイですので決まったときの快感はすごいものがありますから、練習の合間にでも隠れて上達しておいてみんなを驚かせましょう。




2.ビッグブリッジ

スピードタイプのドリブラーが多用するフェイントです。

フットサルの場合ですと、カウンター時などディフェンスの後ろに広大なスペースがあるときに効果的なフェイントです。

ヒールリフトの地上版的なフェイントで、自身が駆け抜けるのとは逆にボールを大きくタッチし、ディフェンスの後ろまで抜けてからボールと合流します。

ボールとホルダーが分かれるためにディフェンスは反応が遅れ、振り向いてもホルダーの後ろから追うことになるのでファウルの恐れもあってボールへアプローチ出来なくなります。

事前にドリブル速度を落とし、大きくタッチする際に一気に加速することで効果をより高められます。

特に短距離ダッシュに優れた人がこれをやるとディフェンスを置き去りにするくらいに効果的ですが、逆にスピードがないと反転したディフェンスにボールを先に触られたり大きく蹴り出したボールに追いつく前に他のディフェンスやゴレイロにカットされることになるので効果を発揮しにくくなるでしょう。

スペースの感覚や自分のスピードへの高い理解力が求められると思います。

まずはしっかりと走り込みの練習を行い、高い走力を身につけてから上達すると良いでしょう。




おすすめの記事