ハイキャパのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座

サバゲー初心者へ東京マルイのハンドガンをベースに銃の特性を紹介している講座の第十弾になります。

今回は、「ハイキャパのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座」を紹介していきます。

1.ハイキャパとは

ハイキャパは東京マルイのオリジナルモデルで45口径銃を改良したという設定の架空銃です。

サバゲー初心者の方はおそらく、ほとんどの方は知らないかと思います。

この銃はシューティングマッチの競技用モデルですが、サバゲーでもその高い命中精度を誇っていますので、サバゲーマーには人気の銃の一つです。

こちらの銃にも様々な機種が存在し、通常サイズの5.1、フルオート仕様のエクストリーム、全長を短くした4.3があります。

それでは次にサバゲー初心者にも分かりやすく、ハイキャパのメリットとデメリットを紹介していきます。

1.メリット

メリットはシューティングマッチの競技用モデルとあって、他のガスハンドガンよりも正確に当てやすく、ブローバックもマイルドであることです。

またグリップセーフティも付いており、うっかり落としたとしても暴発の危険がないのがサバゲー初心者には安心できる部分だと思います。

2.デメリット

デメリットはこれといって無いですが、サバゲー初心者に優しい銃がサバゲー経験者にいい銃とは限りません。

ハイキャパは完成形に近い状態で出荷されているので、あまりカスタム要素が無いので、カスタム好きなサバゲー経験者には物足りなく思うと思います。




またエクストリーム用にロングマガジンもありますが、これもグロックと同じくマガジンポーチが限られてくるので使用する際には十分に検討したほうがいいです。

それ以外では性能やオプションアイテムも充実しているので使い勝手のいい銃です。

2.ハイキャパは初心者にフィットした銃

サバゲー初心者の方が、ガスハンドガンを使う際の問題として、よく挙げられるのが銃がブレてなかなか狙った所に当たらないということがあります。

これはハンドガンをしっかり握っていないことが原因のことが多いです。

しかし、ハイキャパは通常のセーフティに加えてグリップセーフティも付いているのでしっかり握らないと発射できません。

なので、しっかり握ることによって銃を固定し、狙いを定めて撃つ必要があります。

これは射撃動作の基本中の基本であり、片手撃ちなどは映画やゲームの世界の話で、あまり当たりません。

私自身がサバゲー初心者で間もないころに出会ったのがハイキャパで最初はグリップセーフティが使いづらいと思いました。

しかし、しっかり握ればちゃんと発射されますし、狙った所に当たるということを理解できたので、そういう面ではハイキャパから教えられることは多いです。

サバゲー初心者の方が購入する銃として、サブアームとしてはかなりおすすめな銃なので、興味のある方は購入してみて下さい。




おすすめの記事