フラダンスの基本はステップです。ステップを正しく踏めないと美しく優雅なフラダンスは踊れません。

ステップをしっかりマスターして、フラダンスの上達を目指しましょう。

ここでは「カラカウア」の踊り方を説明します。「カラカウア」は、足を前後に踏み込みながら横へ進むステップです。

1.基本姿勢

まずはフラダンスの基本姿勢「クウポジション」です。

足を肩幅に開き、背筋をまっすぐ伸ばして立ち腰に手をあて、そのままの状態で膝を曲げます。

このとき、お尻をつき出したり前かがみにならないように気をつけます。

2.カラカウアの踊り方

(○付数字はカウント数を表します)

クウポジションから、左足に体重を乗せて腰を左に振ります。

①右足を右斜め前に踏み込み、体重を乗せて腰を右にゆっくり振ります。

②左足をそのまま横にスライドさせ、体重を移動、腰を左にゆっくり振ります。

③右足を右斜め後ろに踏み込み、体重移動、腰を右にゆっくり振ります。

④左足をそのまま横にスライドさせます。

ここまでを繰り返します。ただし、最後の左足はスライドさせずその位置でキープしますので、体重はと腰は右足に乗せたまま、右足は斜め後ろのままです。(ここまでで8カウント)

ここから左へ進みますが、その1歩目はキープしていた左足の位置からさらに左斜め前に踏み込みます。

右足は元の左足の位置へ移ります。左足を左斜めまえ、右足を横にスライド・・・と続きます。

3.注意すること

1歩目は進む方向の斜め前に踏み込みますが、2歩目(軸足と呼びます)はまっすぐ横にスライドさせるだけです。




つまり、斜めに足を踏み込みますが、体はまっすぐ横に移動しているということです。

右に移動する時も左に移動する時も、軸足が同じ線の上を進んでいるように注意します。

また、足を斜めに踏み込むので、腰も斜めに振ってしまいがちです。

腰は他のステップと同じく、真横に振るようにしましょう。

4.カラカウアの練習方法

まっすぐ横に移動する、これはよほど意識していないと難しいと思います。

床に線を引くか目印を設定して、その線からずれないように練習するのが一番いい方法ですが、線を意識するあまり足元に視線が行ってしまってはいけません。

ちょっと難しいですが、例えば畳のへりを利用して足の裏の感触を便りにするか、床に丸ひもなどを張り付けてそれを踏みながら練習してみるか・・・上達するには工夫が必要です。

あとは練習を重ねて、体にその感覚を叩き込む。頑張りましょう。

5.まとめ


腰から下は複雑な動きをしつつ、上体はあくまでもまっすぐ、そして滑らかな横移動。

上体がぶれないと、腰から下の動きが美しく際立ちます。

美しいカラカウアのポイントは、頭の高さを一定に保つことです。

腰から下の動きが激しいと、どうしても上体がぐらついたり、頭が上下に動いてしまったりします。

常に正しい姿勢を保ち、体の中心に決してぶれない『軸』が通っていることを意識しながら踊ることが(どいようですが)上達への道です。

また、カラカウアを『カベル』と呼ぶケースもありますので注意してください。




おすすめの記事