ステップはフラダンスの基本です。

フラダンスの上達のためには、正しくステップを踏むことが不可欠です。

ここでは「レレウエヘ」の踊り方を説明します。

「レレウエヘ」は、ヘラとウエヘを合わせたステップです。膝の使い方と腰の動きがポイントです。

1.基本姿勢

まずはフラダンスの基本姿勢「クウポジション」で立ちます。

足を肩幅に開き、背筋をまっすぐ伸ばして立ち腰に手をあて、そのままの状態で膝を曲げます。

このとき、お尻をつき出したり前かがみにならないように気をつけます。

2.レレウエヘの踊り方

(○付数字はカウント数を表します)

クウポジションで立ちます。左足に体重を乗せ、腰を左に振ります。

①左足を膝を少し伸ばしながら(伸びあがる感じで)右足を肩幅分1歩右に踏み、体重を右足に移動しながら腰を右にゆっくり振ります。右足を踏んだ時点で、膝はクウポジションの高さに戻します。

②左足を斜め前に伸ばして出します。体重と腰は右側にあります。

③左足を戻し(両足の間はあけて平行に)、重心を体の真ん中に移します。

④両足のかかとをすばやく上げ下ろします(ウエヘ)。かかとを下すとすぐ右足に体重を移し腰を右に振ります。

(①左足を横に肩幅分一歩踏みます。②~④同じ要領です)

3.注意すること

レレウエヘはヘラとウエヘを合わせたステップですが、その二つの動きをスムーズにつなげることがポイントです。

ウエヘでかかとを上げ下ろししたあとすぐに体重を片足に移動しますが、この時腰をちゃんと振ることを忘れないようにしましょう。

ウエヘで上げたかかとは両足ともきちんと床につけてから体重を移動してください。

また、最初の一歩目を横に踏む時に少し膝を伸ばし気味にして伸びあがるようにしますが、この時に頭がピョコンと飛び上がらないように気をつけましょう。

伸びあがって再びクウポジションに戻るまでの動きがなめらかになるように、膝の伸ばし方をコントロールしましょう。




ウエヘの章でも書きましたが、ウエヘには膝を外側に開く形と開かないでかかとだけ上げる形がありますので注意してください。

ヘラも、前に出した足のつま先だけをつける形と、足の裏全体を床につける形がありますので注意が必要です。

4.レレウエヘの練習方法

レレウエヘの練習は、ヘラなどと同じように上半身が動かないように意識して行うといいでしょう。

伸びあがるように1歩目を踏み出すまでの動きは、鏡を見ながらチェックするとよいと思います。

胸から上だけが映っていれば頭の動きでイメージが出来ると思います。

ステップの練習は全身を鏡に映して行うのが一番の方法ですが、自宅で練習する場合はなかなかそういう訳にもいきません。

そんなに大きな鏡があるお宅は珍しいでしょう。

でも、そんな環境でも工夫すれば大丈夫です。

細長い姿見でも正しいクウポジションの確認はできますし、胸から上が映る大きさの鏡があれば、ステップを踏んでいるときに上半身が動いていないかのチェックが出来ます。

私は夜にガラス窓に向かって練習することがあります。

鏡ほど鮮明には映りませんが、充分練習できます。ただ、カーテンを開けたままにしなければならないので、少々リスクを伴いますが(笑)

5.まとめ


レレウエヘは二つのステップが合わさったステップです。

ということは、その両方のステップの形がきちんと仕上がっていないと、美しいレレウエヘは踏めないということです。

どのステップの練習でも同じですが、ひとつひとつの動きをゆっくりとでよいので確実にできるように練習するのが、文字通り上達へのステップです。

いきなり上達する人はいません。どんなに才能がある人でも基礎をしっかり学んでからしか、その才能が発揮されることはありません。

基礎を学ぶということは、どんな人にとっても必要な道です。

どんな環境であっても、工夫して、そして楽しんで練習してくださいね。




おすすめの記事