フットサルのインサイドキックの蹴り方

フットサルにおいてパスに使用する最もスタンダードが蹴り方がインサイドキックになります。

汎用性が高く、この蹴り方ひとつで全てのプレイがカバー出来ますから、是非とも練習し上達しておきたいです。

1.インサイドキックのフェイスと特徴

簡単で正確、誰でもすぐ覚えられます。

足先の内側側面を前面に開いてフェイスにし、押し出すようにして蹴るのがインサイドキックです。

モーション中しっかりと膝を外に向けて振り終わりまで固定する事によって、他の蹴り方とは比べものにならないくらいに正確に狙ったところに蹴れます。

サッカーでは正確なキックが求められるPKでほとんどの選手がインサイドキックを使うことからも、そのコントロールの良さがわかると思います。

どのような状況や体勢でも狙いがずれないため、フットサルでも重宝します。

がに股のようなモーションになるので、最初は戸惑うかもしれませんが、反復練習で上達しておけばインサイドキックだけで全てのプレイが行えます。

2.インサイドキックの上達方法

まずは近い距離から練習しましょう。

インサイドキックの基本イメージはゴルフのパターのような感じです。




振り足をパターのようにしっかり固定化出来ていれば、ボールは必ず軸足の向いた先に飛びます。

ですからインサイドキックは軸足が大事で、ボールの真横にきちんと軸足を立てましょう。

軸足がボールより手前すぎるとインサイドキックのフェイスがボールの中心を捉えられず抜けたキックになってしまうので注意が必要です。

最初はこのパター式で練習を行い上達していけばいいですが、このままではシュートやロングパスに使えるほど強いボールが蹴れません。

強く蹴るためにはミートの際に押し出す意識を持つことが大切です。

当てる気持ちですとモーション中に足首のフェイスが斜めになりやすいからです。

フェイスがぶれると当然コントロールが悪くなり、この場合ですとボールは狙いよりフックしてしまうでしょう。

押し出すイメージでインサイドキックを行うと、最後までフェイスが安定しさらにボールの勢いが強くなります。

軸足とイメージがしっかりすると、動いているボールを蹴っても高いコントロールを発揮することが出来るでしょう。

インサイドキックはフットサルの上達に絶対必要と言えるほど基本的なキックですから、パス練習の際に積極的に用いて是非ともマスターしましょう。




おすすめの記事