フットサルのキックインのやり方

フットサルではボールがコート外に出たらその場にボールをセットしキックインでリスタートを行います。

フットサルの狭いコートを考えると、キックインを有効に活用する事で得点チャンスを増やすことが出来ます。

1.基本はすぐに入れる

キックインの基本は素早いリスタートです。

フットサルの屋外コートでは高いフェンスやネットで囲われていますから、コート外に出たボールをすぐに拾えます。

屋内のコートでしたら壁があるので跳ね返りを上手くキャッチしてすぐにセットできます。

ですからボールに一番近い人がすぐに拾い、その時の流れを切らないよう素早くキックインを行うのが基本的です。

4秒以内にキックインしないといけないルールがあるからもありますが、時間をかけると相手が帰陣して守備を固めてしまうので、その前に攻撃しようという考え方からでもあります。

ディフェンス時のキックインでしたら、4秒をしっかり使い切って味方の呼吸を整えるのに使ったり、大きなパスを素早く蹴ってカウンターにしたりすると効果的です。

2.相手ゴールに近ければシュートに切り替える

相手ゴールに近い場所でのキックインであれば得点を狙います。




キックインはコーナーキックと違って相手ゴールに対して角度がありますからちょい出しからのロングシュートがやりやすいでしょう。

ちょい出しとはセットしたボールに軽く触れてシュート体勢に入った味方にシュートしやすいボールを出すことです。

多少の練習と上達が必要なのでセットプレーのレパートリーとしてきちんと練習しておきましょう。

3.ちょい出しからの変化で騙す

ちょい出しシュートは警戒されやすいので他のキックインも上達しておきましょう。

キックインするより速く戻って相手が守備を固めてしまったら、ちょい出しの変化系で対応しましょう。

ちょい出しからシュートすると見せかけてドリブルで持ち出し、シュートに万能してブロック体勢に入ったディフェンスを回避してシュートコースを作り得点を狙います。

ディフェンスはかわせたがゴレイロがしっかりと対応してきていたら、パスに切り換えてフリーの味方にアシストを狙うやり方もあります。

ちょい出しをすると見せかけてロングパスに切り換え大きく逆サイドに振るという戦術も面白いかと思います。

キックインはコーナーキックと違って色んな場所で行いますから、状況によって多様なサインプレーを行う必要があります。

このための練習時間を確保して上達しておきましょう。




おすすめの記事