フットサルのリフティングとコツ

リフティングというとすぐに回数に目がいってしまうものですが、リフティングの肝はそのボールの軌道の美しさや回転の有無などです。

回数にこだわらずにリフティングのコツをしっかり捉え上達していきましょう。

1.正確なリフトを身につけよう

まずは連続でリフトするコツと練習方法です。

あまり蹴り上げるイメージでやらず一定の高さを維持することや、ボールの中心をしっかり捉える感覚を意識することに集中するのがコツです。

始めは自分の手投げで1回蹴り上げキャッチする練習から始めましょう。

このとき上半身はバランスをとるだけで無駄に力まないことも大切なコツです。

基本的に力みは筋肉を硬くし、硬い筋肉では柔らかなタッチはできません。

フットサルのボールは小さいですから、特にボールの芯を捉えることが難しいのでめげずに続けましょう。

高さが一定になってきたらキャッチも楽になりリズムが出てきますね。

このリズムに乗るように連続リフトに移行すると思いがけず回数が続いたりします。

しばらくはこの練習を続けてリフティングに必要なボールタッチの感覚を養います。

連続リフトに移行した際は、ボールの回転を無くすように意識してやるのがコツです。




もし回転がかかってもリフトを続けることが出来るようになれば、かなり上達したと言えるかもしれません。

2.客観的に自身のフォームを確認する

スマホを利用して自分のリフティング中の姿勢を見てみるようにしましょう。

高さやリズムが一定になっていないとき、上半身に無駄な力みがある場合が多く、このような状態は硬く見えるはずです。

何度も撮影し身体バランスと硬さに注意しましょう。

またこのような撮影はフットサルの他のプレイでも役に立つので、行き詰まったら客観的に自身の動きを見てみましょう。

3.同じ場所で続けられるようになりましょう

スマホを使わなくとも砂地などで足跡を確認する方法もあります。

一回キックの練習でも、なれていない内はリフトの度に立ち位置が動いています。

連続リフトに移行すればもっと動いてしまうでしょう。

足跡が残る場所で練習を行い、どれだけ動いてしまっているか確認しながらやってみましょう。

何度も反復を行いコツを掴んでしまえば上達はすぐですが、フットサルのボールは小さいということを意識してまずは丁寧に中心を蹴るイメージを養っていきましょう。




おすすめの記事