フットサルの正しいロングシュートの蹴り方

フットサルでロングシュートを狙う状況はかなり限定されますが、ロングシュートがあるということを見せることで相手にプレッシャーを与えることが出来ます。

フットサルにおいてのロングシュートの使い方や上達のコツをご紹介したいと思います。

1.フェイスを正確に作る

正確なミートとシュート力の両立はとても難しいと言えます。

フットサルのゴールは小さいですから正確なコントロールが要求されますが、同時に強烈なスピードもないとゴールに届く前に相手ディフェンダーにブロックされてしまいます。

そしてフットサルのコートは狭いですし、敵味方が密集しているのが常ですから、そこを通すにはかなりのスピードがいるでしょう。

しかしスピードを出そうと力むとコントロールは当然悪くなります。

これを両立させるためにはボールに当てる足の面(フェイス)をきちんと固定することが大事です。

ロングシュートを狙う場面であればある程度フリーの状況ですから、今までのコンパクトさを多少捨てて振り足は大きくしてもいいでしょう。

大きなモーション中にフェイスをしっかり固定し正確にボールをミートすれば狙い通りのところに飛ばすことが出来ると思います。




フットサルのボールは小さいので、芯をしっかり見極めてミートする練習を普段から行っておきましょう。

また強烈なシュート力には軸足がぶれずに力強くあることが大切です。

モーションから生まれた力は軸足にたまり、膝の屈伸と捻りで降り足に力を乗せていくのです。

2.上半身も活用する

ロングシュートにさらに磨きをかけて上達しましょう。

フットサルでは上半身はバランスをとる役目が多いですが、ロングシュートとなると他にも役割が出てきます。

蹴り始めに大きく腕を広げ上半身のバランスを取りながら軸足に力を伝達します。

そして全身の捻りから伝わる力を蹴り足に乗せることでより強力なシュートを放つことが出来ます。

更にミート時に上半身を被せることで低い弾道になります。

上半身が開いていると蹴り足に力が乗らない上にボールが高い弾道になってしまい、大概ゴールを超えてしまいます。

しかしあまりにも上半身の事を考え過ぎると硬くなってしまうので、リラックスしながら行うことも大事です。

イメージとしてはミートまでのモーションは柔軟に、ミートの瞬間に力をグッといれる感じです。

以上のポイントを意識しながら練習を行い上達していきましょう。




おすすめの記事