M870とKSGのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座

サバゲー初心者へ東京マルイの銃をベースに特性を紹介している講座の第十五弾になります。

今回は、「M870とKSGのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座」を紹介していきます。

1.M870とKSGとは

実銃のM870はレミントン社、KSGはケル・テックCNCで開発されたポンプ式アクションショットガンで、アメリカの制圧を目的とした部隊などで使用されています。

サバゲー初心者の方は馴染みがないと思いますが、FPSなどをやっていた方であれば、見たり聞いたりしたことはあると思います。

東京マルイのM870は標準の大きさとストックや銃身を短くしたブリ―チャータイプの二朱すりがあります。

KSGはM870と違い、近未来的なフォルムをしており、装弾も従来のショットガンと違い、ブルパップ方式を採用されています。

どちらもガスをパワーソースとしたエアガンで、サバゲー初心者が買う場合はM870をおすすめします。

それでは次にサバゲー初心者にも分かりやすく、メリットとデメリットを説明していきます。

1.メリット

M870のメリットは何と言ってもショットガンならではのポンプアクションを楽しめることです。

さらにブリ―チャータイプのM870なら狭いフィールドでも問題なく、取り回しもいいので制圧力があります。

KSGは、出来たての新製品なので、まず被ることが少ない、M870よりコンパクトなことです。




またKSGはレールシステムが標準で取り付けられており、各部も金属パーツを多用しているので耐久性は抜群です。

あと使用するショットシェル(ハンドガンで言うマガジン)は30発まで装弾でき、発射方式も本体で3発発射と6発射があり、ショットシェルも併用できるので便利です。

2.デメリット

デメリットはM870の場合はスタンダードタイプですと長いので取り回しが悪いです。

KSGの場合は、ショットシェルの装填がブルパップ式なので、素早くリロードするのが困難です。

特にKSGの場合は発売されてからまだ日が浅いので初期トラブルでセレクターが堅い、発射方式が安定しないなどの事例も報告されています。

なので、サバゲー初心者がガスショットガンを欲しい場合は、KSGではなく、M870ブリ―チャーを個人的にはおすすめします。

2.ショットガンの運用時期

ガスを使うエアガン全般に言えることですが、基本的に冬場の動作はどのガスガンでも性能は落ちてしまいます。

ただ、ガスショットガンはマガジンではなく、別タンクにガスを注入して運用しますので、工夫をすれば、冬場でも快調に動きます。

室内戦では使用できるところとダメなところがあるので、室内戦でショットガンを使う場合は、レギュレーションを予め確認しておきましょう。




おすすめの記事