趣味としての手品の魅力とはじめ方

子供の頃に何もない箱からハトが出て驚いたり楽しいと感じたりした方も多い手品、最近では趣味として始めてプロ級になって人を喜ばしている人が増えています。注目度が高くおすすめです。まず魅力や始め方そして注意点をご紹介いたします。

1.注目を集める手品とは

手品ができると周囲から注目されます。それに最近は素晴らしいイリュージョンを見せてくれる、イリュージョニストが世界中にいるので、ついつい真似したくなってしまいます。

趣味が欲しいと考えている方の何人かは、手品、マジックを覚えられたらいいだろうなと思った事があるはずです! 手品にはみんなをあっと言わせる魅力があるのです。

ちなみに手品というのは見た人に種がわからないように、素早い動きや正確な動きをしなくてはならないという、案外特殊な器用さが必要になる出し物なのです。

2.趣味としての手品の魅力

人をあっと言わせる趣味が欲しいから手品をやりたいと思うその気持ちから入る人がいるのでわかるように、手品が成功したら人を喜ばせる事ができます。これが最大の魅力です。

他にも手品が成功したら難しければ難しいほど達成感を味わう事ができますし、次の手品はもっと難しいのにしようという意欲が生まれます。

同じ手品を趣味としている仲間ができたり、一緒にイベントをしたりする方もいらっしゃいます。人から見られるので自分を鍛える人もいらっしゃいます。




3.趣味としての手品の始め方

最初は手品のキットなどを購入して練習をするといいでしょう。手ごろな価格で本格的な手品ができるセットが数多く販売しています。

トランプを使って指先の訓練をしたりするのもいいですね。でも本格的に手品を習いたいと思うのならば、マジシャンのお弟子さんになるのもいいかもしれません。

中にはサークルなどを作っているところもあるので、SNSやインターネットで手品のサークルを探してみてもいいでしょう。まずはトランプの練習やセットを買って慣れる事が重要です。

4.手品を始める時の注意点

手品というのは相手に種がばれてしまっては意味がありません。例えばバレてしまったとしてもさらにすごい手品でびっくりさせられれば話は別です。

でもそれができないのであれば、自分が絶対に失敗しないと確信している手品だけを披露するようにしなくてはなりません。せっかくの手品も最初からネタバレでは興ざめしてしまいます。

そのためには一に練習二に練習です! もう一つはいくら練習をしても緊張してしまっては意味がありません! 練習すると同時に度胸もつけるよう心がけましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 今回は趣味が欲しいという方のために、手品の魅力や始め方そして注意点などをご紹介いたしました。

本格的に始めるにしても一時的に始めるにしても、マスターするためには疲れや自分の不器用さに負けないように頑張って練習をして、ぜひ披露した後は拍手喝采になれるようになってください。




おすすめの記事