サバゲーで必ず守りたいマナーについて

サバゲーをする上で、マナーを守ることは初心者や経験者問わず、とても大切です。

今回は「サバゲーで必ず守りたいマナーについて」を紹介していきます。

1.サバゲーをする上で必ず守るべきマナー

サバゲーは、マナーを守って安全に楽しく、スポーツマンシップに則って行うものです。

それは、サバゲー初心者だろうと経験者であろうと参加する全てのサバゲーマーに該当します。

必ず守るべきマナーとして、最低限必要なことを三つお話します。

一つ目はゴーグルを必ず装着することです。

これまでも何度も言ってきましたが、安全第一がサバゲーの鉄則です。

二つ目はフィールドスタッフの指示には従うことです。

これはサバゲー初心者に多いことですが、初めてエアガンを手にする方やサバゲーをすることに期待が止まらず、スタッフの説明を聞き流す方や指示に従わない方もいます。

こういった行為は、スタッフだけでなく、他の参加者も不快にさせるので、スタッフの指示や説明は素直に従いましょう。

三つ目はサバゲーに限った事ではありませんが、挨拶などのコミュニケーションも大事です。

チームで戦うスポーツでかつ、その場に居合わせた知らない方同士で行うことが多いです。

なので、最低限、よろしくお願いしますの一言は言っておいたほうが相手も話かけやすくなると思いますので、しておいたほうがいいと思います。

次にやってはいけないマナー違反を説明していきます。

1.フィールド内でのゴーグルの未装着

これはマナー違反というよりは、安全面でとても危険なことなので絶対に忘れないようにしましょう。




また、スタート前は各チームで味方同士でゴーグルチェックをしますが、この時に未装着の場合は、ゲームに参加できないので、必ずフィールドに入る前に確認しましょう。

2.スタッフや参加者に対しての暴言、暴力、ゾンビ行為

これはサバゲー初心者や経験者問わず、やってはいけないことです。

サバゲーでヒットした、してないの言い争いはしないのがマナーです。

もちろん相手に対して暴言を吐くことは、スポーツ精神に反し、相手を不愉快にさせます。

また暴力行為は傷害罪にあたり警察のお世話になりますので、絶対やめましょう。

特に初心者に多いことがゾンビ行為です。

当たったことに気づかないのならともかく、明らかに当たっているのに故意にヒットコールをせずに撃ち続ける方もいます。

こういった行為をされるとゲームが成り立ちませんし、悪質な場合は出入り禁止などの重い処置をとられることがあります。

なので、ヒットした時はもちろん、当たったかどうかわからない場合は、迷わずヒットコールをして、退場するようにしましょう。

2.マナーを守ることはサバゲーを楽しむこと

どんな事柄においても、マナー違反は気分がいいものではありません。

サバゲーでも同じで、一人のマナー違反が全体の雰囲気を悪くします。

サバゲーはゲームに勝つことも楽しいですが、お互いにマナーよく楽しくプレーことが大事です。

なので、これからサバゲー始める方は、こうしたルールやマナーを遵守して、サバゲーデビューしていきましょう。




おすすめの記事