中段順突きの正しい打ち方 | テコンドーが上達する練習方法

中段順突きはテコンドーを学ぶ人が一番最初に学んだ攻撃ではないでしょうか。中段順突きはいわゆるボディへのジャブです。

テコンドー以外にも格闘技においてジャブは最も基本的な技術ですので、初歩として学んだ人も多いはず。

今回は中段順突きの基本練習、実戦での正しい打ち方と上達方法を述べていきます。

1. 中段順突きの基本練習

中段順突きは型の中でも最も基本的な攻撃の手わざです。相手のみぞおちを狙って前手、つまり構えた時に前に出した手を使って素早く打ち込みます。

構えた位置から素早く打つので最短最速で相手に届きます。

ここでは中段順突きの基本練習と上達のコツについて解説します。

1.突く時よりも引手を意識

中段順突きは全ての型の手わざの基本です。中段順突きが正しくできれば、ほかの手わざの上達が加速度的に早まります。逆にできないと他の技の上達がいつまでたってもできませんので、ここでしっかり感覚を掴みましょう。

初心者の方は「突くこと」を意識して重心が必要以上に前のめりになり、見栄えも悪く引き戻しに時間もかかり、キレもない中段順突きを打ってしまいがちです。

そこで「突き手と同じ力で引手をしっかりとる」ことを意識しましょう。

引手をしっかり引くことで力のつり合いが取れるのでバランスもよく、力を一点に集約させ、衝撃をピンポイントに届かせることが可能です。

横蹴りの原理と同じで、反動力を使いましょう。そうすることで基本となる中段順突きで体の使い方の原理が正しく理解でき、突きだけでなく蹴りや受けの上達も見込めます。繰り返し練習しましょう。

2. 中段順突きの実戦運用

さて、上記では中段順突きの基本について説明しましたが、今度は実際の意味を考えた上達のコツについてのポイントについて説明します。




まずは基本となる突きから入ることで体の使い方をしっかり理解し、蹴りや受けでも生きるように仕上げていきましょう。手わざは感覚的に理解しやすいので、ここで基礎を固めておけばテコンドーに必要な技術のレベルを底上げできるからです。

1. 押し込んでから素早く引く

上記では中段順突きの基本について述べましたが、型にも試合にも通じる最大の秘訣について説明します。

中段順突きは全ての手わざの基本となる突きなので、ここでは実際の試合、実戦での正しい打ち方を理解しておく必要があります。テコンドーレベルの向上のためにもしっかり理解しましょう。

基本でも解説したように、初心者の方が何の知識もなく突きを打つと腕力に頼って重心が極端に前に寄ったバランスの悪い突きを打ちがちです。

実際の試合では相手は攻撃の隙をついて反撃してきます。引きが遅いとそこに乗ぜられて一気にポイントを奪われかねません。

そこで相手の中段に拳をめり込ませた後は素早く引いて元のスタンスに戻ることを意識しましょう。

ボクシングでもテコンドーでも相手の攻撃をきっちり避けられるかは打ち終わりの引きがすべてを握っています。特に中段順突きはジャブです。スピードを意識しますから引きが遅いのでは威力も弱くて隙だらけのパンチになってしまいます。

そこで「打ち終わったら素早く引いて元のスタンスに戻る」ことを意識して練習に励みましょう。この時手打ちにならず「ボディを打ち抜いてから元のスタンスに」戻るのがコツです。相手の表面だけを叩くのではなく中段を効かせてから戻りましょう。

以上がテコンドーにおける中段順突きの練習方法と上達のコツです。中段順突きはテコンドーにおいて手わざの基本ですので「引手」「打ち終わり」の2点を素早く正確に行うことを意識して練習しましょう。ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事