MP5シリーズのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座

サバゲー初心者へ東京マルイの銃をベースにした講座の第六弾です。

今回は、「MP5シリーズのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座」を紹介していきます。

1.MP5とは

実銃のMP5は、ヘッケラー&コッホ社が開発した拳銃弾を用いたサブマシンガンで、現在は軍や警察、対テロ組織部隊で使用されています。

サバゲー初心者の方には、名前には馴染みがありませんが、サバゲー初心者の方や女性の方でも扱いやすい銃なので、特に女性のサバゲー初心者に多く使われているのを見ます。

東京マルイ製のスタンダード電動ガンとハイサイクル電動ガンにもMP5はあり、ハイサイクルのほうには上部にショートレールが標準装備されています。

それでは次にサバゲー初心者にわかりやすく、MP5のメリットとデメリットを説明していきます。

1.メリット

メリットは軽いことと取り回しがいいので、狭いフィールドでも、アサルトライフルと違って、その効果を十分に発揮することができます。

またRASというレールシステムへカスタマイズできるキットも販売されており、それらを使用してレールを拡張したり光学機器を増やしたりできる汎用性もあります。

また多弾マガジンもハイサイクル電動ガンであれば、標準で付いてきますので、低予算で済みます。




2.デメリット

デメリットはサブマシンガンというカテゴリですので、アサルトライフルよりは弾数が少なく、ノーマルマガジンだけだと個数が多くなります。

またオプションパーツも通常のアサルトライフルより、費用が高くなるので、低予算でカスタムしたい方にはかなりの出費にはなると思います。

それでも性能、機動性を考慮すれば、サバゲーでは有利な銃なのでカスタムをあまりしない方にはいい銃だと思います。

2.サブマシンガンの展望

サブマシンガンはアサルトライフルとハンドガンの中間地点なので、二つの特性を持った銃ですが、体力や軽い銃を使いたいという方は便利なカテゴリです。

またMP5以外でもMP7といったサブマシンガンタイプの電動ガンを東京マルイは発売しており、大きさはデザートイーグルとほぼ同じ大きさです。

しかし、弾数はMP5よりは少ないですが、十分な火力を引き出せるので、MP5よりも軽くて、火力が欲しいという方にはMP7のほうがいいかもしれません。

ちなみに東京マルイのMP7は電動ガンとガスガンで販売されています。

私自身も持っているのですがMP5より小さいながらもスコープ除いた光学機器や標準で付いているハンドグリップが付いており、個人的には、MP7のほうが汎用性が高いです。

ただ、バリエーションはMP5シリーズのほうが多いので、そちらをおすすめします。




おすすめの記事