フットサルの無回転シュートのコツ

かなり知名度が高くなった無回転シュートですが、フットサルにおいても有効なシュートのひとつだと言えます。

上達するためには相当な練習が必要ですが、是非ともマスターしておきたいシュート技術です。

1.無回転シュートの原理

無回転シュートとはどのようなシュートなのか、理解しておきましょう。

通常、蹴られたボールには必ず回転がかかるものです。

その回転を限りなく0にしたのが無回転シュートですが、その変化は蹴った自身も予測できないほど強烈です。

回転がないため飛んでいる周囲の気流の差の影響を受けやすく、それによって不可思議な変化を起こすのです。

一般的には揺れて落ちると言われますが、場合によっては揺れが少なく落ち幅が大きくなったりあるいは大きく左右に揺れたあとどちらかにスライドするように飛んだりします。

これはゴレイロからすると反射的に対応しなければならない難しい軌道で、無回転シュートの最も優れた特性です。

蹴り方が正しければフットサルの小さなボールでも容易に変化させることが可能です。

2.どのシュートレンジでも活用できる万能性

ショートからロングまでどこからでも無回転シュートは狙えます。




ボールが小さいフットサルでは回転による変化が起こしにくくあまり活用できません。

しかし無回転シュートは回転による変化ではないので短い距離のシュートでも変化を起こせますから、フットサルに最適だと言えます。

長距離であれば予測不可能な変化で効果的ですし、短距離であればゴレイロの手元での急変化でブロックをかわせたりします。

3.フェイスよりも蹴り方にコツがある

では無回転シュートのコツとはどのようなものでしょうか。

足のフェイスはどのようなものでも無回転シュートは可能です。

大事なのは蹴り方そのものだからです。

普通にミートするのではなく、出来るだけ長い時間フェイスとボールが接触していられるように押し出す感じで蹴ります。

瞬間的なインパクトですとどうしても回転がかかりますが、押し出すイメージで当てることで回転を消すわけです。

イメージは掴みやすいですが、実際にやってみるとかなり難しいことがわかると思います。

特にフットサルのように目まぐるしい攻守の中でこの独特の蹴り方を行うのは難易度が高いでしょう。

咄嗟に無回転シュートをできるほど上達するためには相当な練習量と柔らかいボールタッチが必要でしょう。




おすすめの記事