フットサルのオーバーヘッドキックの蹴り方

サッカーでは稀にしか見られないオーバーヘッドキックですが、もちろんフットサルでも行うことは可能ですし、使いどころがないわけではありません。

いざというときに備えて練習し上達しておきましょう。

1.オーバーヘッドキックの一連の動き

蹴る足よりももう片方の足が重要にです。

まず一言で言ってしまいますが、天地を逆さまにして蹴るのがオーバーヘッドキックです。

飛んできたボールに対して軸足となる方の足を大きく跳ね上げます>軸足を上げきったら軸足と入れ替わるように蹴り足を振り上げボールをミートします>蹴り足を上げるときに緩やかに身体を倒していく>ミート後に腕から着地し背中の強打を避けるよう受け身をとる。

頭部はもちろん背中を強く打つと危険なので、最初はボールを使わず受け身の練習から行って上達していきましょう。

フットサルでは敵味方が近いですから、オーバーヘッドキックのような大技を出せるようなスペースやタイミングがなかなかありません。

蹴り足を大きく上げますから危険ですし、自身もオーバーヘッドキック中に接触すると着地の姿勢が危険なものになりかねません。

自身とともに周囲への危険も考えて使用しましょう。




2.オーバーヘッドキックのメリット

多少の危険が伴いますが、メリットは大きいです。

フットサルではゴールに背を向けた状態から決定的なプレイは出来ない前提でディフェンスを行いますから、その状態からでもゴールを狙えるオーバーヘッドキックは予測が困難なシュートと言えます。

自陣のゴールから遠ざけて背を向けさせるのが守備のセオリーで、その裏をかくのですから当然ですね。

もちろんパスとしてオーバーヘッドキックを使うのも有効です。

本来は有り得ないコースで有り得ない位置の味方へパスを通せるわけですから、ディフェンスが呆然とするような状況を作り出せます。

しかし自分から見えないゴールや味方を狙うのですから、相当に上達し自信があってもギャンブル的要素を排除するのは困難だと言えます。

また練習でどれだけうまく行えていても実戦でスムーズにいくには様々な要素がうまく当てはまらないといけません。

ですがフットサルのプレイの中でも一際美しく華麗なオーバーヘッドキックですから、出来るようになるだけで楽しくなります。

お遊びとして練習するのもまたフットサルの楽しみ方のひとつと言えると思います。




おすすめの記事