20代から始めるバレエの発表会について

どこのお教室でも発表会がありますが、今は大人から始めた生徒さんも当たり前のように発表会に参加できるようになっています。そこで、「20代から始めるバレエの発表会」について、考えてみたいと思います。

1.上達への近道の一つは発表会

バレエを上手になる秘訣は色々ありますが、中でも特に20代の皆さんにおススメしたいのが発表会です。

発表会に出る、つまり舞台に立つ、人前で踊るということです。

とはいえ皆さん大人ですから、発表会に出ると一言で言っても、それが色々な意味からも、簡単なことではないことに気づかれると思います。

発表会の参加費、合同リハーサル、自分の技術力など、確かに課題は沢山ありますが、

人前で衣装を着けて踊る。という経験は簡単に出来るものではなく、この経験を通して得られるものは、

技術の向上は勿論、責任感やチームワーク、達成感などが、想像を遥かに超えて実感できると思います。

発表会など、人目にさらされる環境を目標にしてレッスンをする人は、明らかに上達が違いますので、

上手くなりたい方で条件が整えられる方はぜひ挑戦していただきたいと思います。

2. 発表会の参加あれこれ

まず、大人クラスの皆さんの参加は自由参加が一般的です。お仕事やご家庭の都合もあると思いますので、

ご自分の生活パターンと照らし合わせて参加可能かを判断するのも大切です。

次に費用についてですが、お住まいの地域やお教室や発表会の規模によっても異なりますが、

トータル金額の一つの目安として参加費、衣装代、チケット代、DVD代金など全て込々で、10万円前後位が一般的です、




有名バレエ団の大人向けオープンクラスの発表会(1曲)は、衣装代等すべて込みで20万円以上するところもありますので、

20代の皆さんであれば、「発表会費用を貯金したいので、おおよその金額を教えてください」と先生にお尋ねしてみるのもいいと思います。

3.合同レッスンやリハーサルについて

発表会に参加するためには、出演者が揃って行う合同レッスンや、お教室でのリハーサル、会場をお借りしてのリハーサルなど、

発表会当日以外に何度か合同レッスンに参加する必要があります。

合同リハーサルの目的の一つは全体像を出演者たちが把握することですので、舞台のどちらの袖から出てきて、どちらへ帰るのか、

ステージの上で立っている場所はどこか、自分の隣にだれが居るか等、日ごろクラス別に分かれているときは確認が難しいことを優先的に進めていきます。

とはいえ、日ごろのレッスン時間以外のクラス参加や、土日のリハーサルなど、すべて参加したくても大人の皆さんには家庭やお仕事の都合で出席が困難な時があるはずです。

そんな時は、都合で参加できない時は早めに先生へお知らせして、了承を得ることを心がけてください。

今はどこのお教室の先生も、お勤めやご家庭のある大人クラスの皆さんの事情を考慮してくださっていますので、まずは先生に素直にお話しすることがベストです。

発表会は確かにお金が必要ですし、時間の拘束も増え、大変と言えば大変ですが、この経験を通して得られるのもは、単に技術の向上だけではありません。 大人になるとなかなか自分が本気になって挑戦できるものに巡り合うことも少なくなってしまうので、もし皆さんが発表会に出てみようと思ったら、思い切ってチャレンジしてみていただきたいと覆います!




おすすめの記事