フットサルのルーレットのコツ

フットサルの高度な足技にルーレットというものがあります。

見た目の華麗さから憧れる方も多いと思いますが、実はそれほど難しいテクニックではありません。

コツを掴みながら練習し上達すれば、周囲を驚かせることが出来るでしょう。

1.ルーレットの一連の動き方

複雑に見える動作は分割して理解しましょう。

まずはフットサルでのルーレットの流れを見てみましょう。

ドリブルで持ち出す>ディフェンスが寄せてくる>接触直前で回転を始め>回転の終わり際にはディフェンスの横に抜ける。

フットサル上級者はこの一連の動作を流れるように淀みなく行いますから、華麗で美しい動きに見えます。

ではわかりやすく分割していきましょう。

ディフェンスに近づいたら右足の裏でボールをストップし、反動を利用して軽く引っ張り左足の裏に持ち替えます。

ここまででディフェンスに対して半身になり、ボールは遠い方の左足の足裏でキープしていますね。

次に右肩を入れる要領でディフェンスに背を向け、この回転に合わせて左足足裏でボールを引っ張ります。

引っ張られて転がるボールを追うように右足でタッチしながら回転の軌道に沿ってボールを運びます。




タッチと連動して身体は自然に回転を続け、前方まで回転を終えた時点でディフェンスの横にズレてドリブルコースが開けています。

つまりルーレットしているのはボールで、自身はボールを運ぶために向きを変えているだけなのです。

身体を回転させようと意識するとボールタッチがちぐはぐになります。

あくまでボールを回すのが優先なのです。

2.ルーレットの応用

動作に上達すると他のプレイにも応用出来ます。

ルーレットが上達すると回転の途中で止めて、横方向に持ち出すことも可能です。

ルーレットはその性質上ドリブルしてきたスピードを殺さずに回転しますから、これを横方向に抜けるように使うと非常にクイックに方向転換出来ます。

また足裏でのタッチのタイミングでパスに切り替えるのも容易で、自身がディフェンスの壁になってボールを隠せますから、パスへの対応を遅らせる効果が高いです。

また回転中にディフェンスからボールが見えなくなるのもポイントをで、回転終わりをそのままシュートに切り替えてみても面白いでしょう。

しかしルーレットは高度な技であるのは確かなので、しっかりと練習を行わないと転倒する危険が高いです。

十分に各種プレイを上達してから挑戦するのが望ましいでしょう。




おすすめの記事