早朝ランニングの効果と注意点

早朝に道を歩くと、必ずと言っていいほどランニングやウォーキングをする人を目にします。

朝からランニングをすると、身体にいいのだろうか。

そんな疑問について考えていきましょう。

今回は、早朝ランニングの効果と注意点について紹介していきます。

1.早朝ランニングの効果と注意点

早朝のランニングは、1日の始まりをランニングから動き出すので、心身ともに爽快な気持ちで1日を過ごすことができます。

朝一番に太陽を浴びると、精神的に前向きになり、心身のバランスを整えるセロトニンの分泌が促されて、うつ病の予防にもなるといわれています。

また、骨の代謝を支えているビタミンDも生成されることがわかっており、現代の健康問題になっている骨粗鬆症の予防にもなります。

1.脂肪燃焼にも効果的

起床時は、血糖値が低めになっていて、脂肪が燃焼しやすい状態になっています。

その時に、ランニングを行うと効果的に脂肪を使うことができます。

早朝ランニングやマラソンに向けたランニングでもそうですが、ペースは息を切らさない範囲で気持ちよく走れるペースを目安にすることが、体力向上と脂肪燃焼に効果的です。

きつい練習をすると体力が上がると思われがちですが、あまりにきついと全身に酸素を送れず、長い時間走る体力をつけることができません。




また、エネルギーも脂肪ではなく、糖が優位に燃えてしまうのて、エネルギーの燃焼効率が悪くなります。

注意点として、起床時にコップ一杯の水をしっかり飲んで血液の濃縮を防ぎ、また筋肉や関節も固まっているのでストレッチで全身をほぐしてから走り出しましょう。

血圧が過度に高い方は、寒い日に早朝ランニングをするのは勧められません。

2.1日を快適に過ごすために

朝ランニングをしたのはいいが、時間が押して朝食を抜かすなんてことはありませんか。

朝食は、1日を快適に、集中して仕事などに取り組むためにとても重要です。

理想は、肉や魚、乳製品、野菜などをしっかり摂ることです。

おにぎりやサンドイッチの具材に、ハムやシャケ。チーズ、野菜などを豊富に入れると、通勤しながらでも、持ち運びしやすく、食べやすくなります。

早朝ランニングの効果と注意点について、いかがでしたか。

早朝ランニングをすると、心身ともに爽快な気分で1日をスタートすることができ、脂肪燃焼や骨を強くしたりと様々な効果を得ることができます。

コツコツと継続していくと、心肺機能が向上し、長い時間走る体力がつきタイムも向上していくでしょう。




おすすめの記事