海が好きで自然が大好きという方の多くが楽しんでいるスキューバダイビングは、自然を愛する人達には当たり前の楽しみでもあります。趣味としてもおすすめ! その魅力や始め方そして注意点などについてをご紹介いたしましょう。

1.スキューバダイビングとは

スキューバダイビングとはウェットスーツを着て酸素ボンベを使ってサンゴ礁などに潜って、海底や海洋生物などを観察したりする事を意味しています。

スキューバダイビングをする時にはライセンスというものが必要になる場合と、必要が無い場合とがあります。一般的にレジャーとして楽しむのならライセンスは必要ないという事です。

ちなみにスキューバダイビングは技術はほとんど必要ありません。耳抜きができれば基本的には誰にでも楽しめるマリンスポーツです。だからこそ自然と触れ合える趣味が欲しい人にはおすすめです。

2.趣味としてのスキューバダイビングの魅力

何といってもスキューバダイビングの魅力は、美しい海の中の様子をその目で見る事ができる点です。まるで自分もサンゴ礁で暮らす魚と仲間になったかのような気分を味わえます。

世界中の美しい海がたくさんあるので、それぞれのダイビングスポットへ行く楽しみも魅力ですし、ダイビング仲間ができるのも楽しいですね。同じ趣味の人との出会いは最高です。

めったにお目にかかれない光景や、海の中から世界はどんな風に見えているのかなど、謎が解明されますしイルカや魚たちとの出会いで人生観が変わるほどの衝撃を味わう事ができます。

夢中になれる趣味が欲しいと思っている方には本当におすすめです。そして最大の魅力の一つが経験を積めば技術はあまり関係なくベテランになっていく事です。

3.趣味としてのスキューバダイビングの始め方

趣味で観光目的で浅瀬でスキューバダイビングを楽しむためならライセンスを取得する必要はありませんので、スキューバダイビングを行っているビーチでツアーに参加すればいいのです。




とっても簡単で手ごろな価格で楽しくスキューバダイビングを行う事ができます。でも少しずつもっと深いところでダイビングをしたいという気持ちになっていきます。

そうなったらライセンスを取得する事を本気で考えればいいでしょう。ライセンスを取得する場所は海の近くのライセンス取得ができるスクールに通うといいですね。

ライセンスによって潜れる水深が変わってくるので、少しずつライセンスのランクを上げていけばいいでしょう。

ランクはスキューバダイバー12m オープンウォーターダイバー 18m アドバンスドオープンウォーターダイバー 30m ディープダイビング・スペシャリスト 40m となっています。

4.スキューバダイビングを始める時の注意点

自然と触れ合える趣味が欲しいからスキューバダイビングを始める方も多いですが、ダイビングをする時いはいくつか注意点があります。これを破ると命に関わります!

まずライセンスによって潜れる水深が違いますので、決して許されている範囲より深く潜ってはいけません! 万が一の事があっても保険が出ない事があるからです。

また、ライセンスを取得している人が水深40m程度まで潜った時、焦って水面に出てこない事も重要です。血液中の酸素や窒素が気泡となってしまい、潜水病を発症する事があるからです。

最後にタンクやスーツなどの器具の点検は決して怠らない事です。何かあったら命に関わるからです。信頼できる器具を少しずつそろえるといいでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか? とても人気があるスキューバダイビングの魅力や始め方そして注意点についてを、いくつかご紹介いたしました。

それにスキューバダイビングは趣味だけにとどまらず仕事としても利用できるライセンスですので、趣味が欲しい方で実益にもつなげたいと思う方には特におすすめいたします。




おすすめの記事