ショットガンのカスタム|サバゲー初心者に伝えるカスタム要素

サバゲー初心者の方でショットガンのカスタムって、どういうのがあるのか分からないかと思います。

そこで、「ショットガンのカスタム|サバゲー初心者に伝えるカスタム要素」を紹介していきます。

1.ショットガンのカスタム

サバゲー初心者では、使いなれている人は少ないと思いますが、最初に選ぶ銃として購入する方もいます。

ショットガンのカスタム要素は他のジャンルより、かなり幅は狭くなり、特に内部カスタムせずとも、十分な性能を発揮します。

そのため、他の銃よりも外部カスタムの純正パーツも少ないので、加工などが必要になってきます。

サバゲー初心者の方は、カスタムなしでも戦えますが、それだと味気ないと思いますし、だんだんとつまらなくなってきます。

次に外部カスタムを中心にサバゲー初心者におすすめなパーツを紹介していきます。

1.ベルトやマウントレール

ショットガンのカスタムの醍醐味は外部のほうが多く、特にショットシェル排出口上部にマウントレールを使うと近接戦での照準補助が可能になります。

またベルトもショットシェルを装着するものもあるので、お得です。

2.塗装カスタム

ショットガンガンタイプのエアガンの多くがエアーコッキングかガスなので、塗装カスタムが容易です。

塗装をするときは外など換気ができる場所ですることをおすすめします。




また、可動部に塗装が付かないようにカバーやテープなどで防護してから行いましょう。

2.ショットガンの内部カスタムはあまり意味がない

ショットガンの動力源の多くがエアーコッキングなので、あまり内部カスタムの意味はありませんが、バレルが安定しないときは内部チューンが必要です。

またショットガンのマウントレールは短いので乗せるのは小型なものに限られます。

以上のことからショットガンは、サバゲーではあまりいじらないほうが性能が良かったり、見栄えが良かったりするので、私自身は何もいじっていません。

ちなみに余談ですが、ショットガンを買うときは短いものを買うことをおすすめします。

理由は取り回しが悪く、連射もできないのもそうですが、保管場所も結構とるので、短くしようと思った時、パイプ切断や内部のバレルも変えたりと大がかりな改修が必要になります。

短いのは使いやすく場所もあまりとらないので、サバゲー初心者の方はそちらがいいと思います。

それでもショットガンをいじりたいという方は、カスタムパーツを探すところからになりますが、ある程度、完成図を練ってから始めるとかなり奥深い雰囲気を出すこともできます。

カスタムが比較的やりやすいには東京マルイ製ですので、興味のある方はチャレンジしてみて下さい。




おすすめの記事