飛び横蹴りのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

飛び横蹴りと言えばメディアでも大きく取り入れられているため男性、特に子供には人気の高い技ではないでしょうか。そう、この飛び横蹴りこそ仮面ライダーの必殺技ライダーキックなのです。

ヒーローの必殺技としても非常に人気の高いこの蹴り技も練習を重ねれば必ず習得できます。さあ、貴方も身に付けてみませんか。

1. 飛び横蹴りの基本的な蹴り方とポイント

テコンドーの飛び横蹴りの特徴はリーチの長い横蹴りを接近戦でも使えるという利便性です。上に飛ぶことでその場で蹴る事もできますし、相手の攻撃が届かない遠距離から一気に間合いを詰める奇襲にも使えます。

今回はテコンドーの飛び横蹴りの練習方法と巧く使いこなすためのコツを解説します。

1. 軸足をお尻にしっかり引き付ける

飛び横蹴りを蹴る上でまず初心者にありがちなのは、軸足が伸びきっているため無駄な力が入りやすく滞空時間が短くなってしまう事です。確かに撃ち落とされるリスクを抑える為に「意図的に」滞空時間を短くする方法はありますが、飛び横蹴りの場合は軸足を畳んでおかないと十分な威力を蹴り足に乗せられません。

飛び横蹴りを上手く蹴るコツは軸足の踵をお尻にしっかり引き上げる事。仮面ライダーのライダーキックも後ろ足はしっかり畳んでいるはずです。

飛んでから蹴り足を畳むよりも一瞬早く軸足を引き付けるイメージで行うとモーションもコンパクトになりますし、スピードも付きます。さらに力みが抜ける為威力も増します。

蹴り足は通常の横蹴りのように目標から目を離さず、槍のように真っすぐ突き出しましょう。これだけで命中率もかなり上がります。

2. 飛び横蹴りの実戦運用

さて、上記では飛び横蹴りの基本とコツについて説明しましたが、今度は実際に試合で使うためのポイントについて説明します。

飛び横蹴りは接近戦、もしくは遠距離からの奇襲がメインとなりますので遠近共に使い分けられるようになりましょう。




1.接近戦では真上に飛ぶ

接近戦での飛び横蹴りは相手にステップや助走をつけて飛ぶ余裕がないため、その場で飛ぶ必要があります。真上に跳んだ落ち際を狙って中段、もしくは上段を狙いましょう。

この時の注意点はできるだけ両足で真上に跳ぶことです。前足、もしくは後ろ足だけで飛ぶと重心が偏るため上段をカウンターで蹴られたり間合いをさらに潰されるリスクがあります。

両足で飛びながら、後ろ足を引き付けて蹴り足を真っすぐに突き出しましょう。

接近戦で重要なのはいかに相手に悟られずに自分の間合いで戦えるかがカギになります。飛び横蹴りで崩してから離れ際に二連廻し蹴りを蹴るなどフォローを欠かさずに行う癖をつけるとバリエーションも大幅に増えます。

2.遠距離からなら前に跳ぶ

次は遠距離からの奇襲です。遠い間合いから一気に飛ぶには上ではなく前に跳ぶことです。上に跳ぶと接近戦では効力を発揮しますが距離が伸びないので必ず前に跳びましょう。蹴り足で体当たりを仕掛けるイメージです。

タイミングとして最適なのは「開始線で向かい合った時」です。試合開始時にいきなり使うと心の準備のできていない相手には当たる事が多いです。

試合開始の合図からすぐに動くにはある程度慣れていないと動けませんので「初め」の合図がかかった瞬間に蹴りかかると先手を取る事が出来、試合の主導権を握る事ができます。心理的なテクニックの一つとして覚えておくと便利です。

また、相手を場外に押し出したい時も有効でしょう。その時は相手の上段で撃ち落とされないように膝をいつも以上に深く抱え込みましょう。

以上がテコンドーにおける飛び横蹴りの練習方法とコツ、試合で実際に使うためのポイントです。基本的には奇襲がメインになりますが、試合でペースを握りたい時や圧力をかけて下がらせたい時には有効です。ただ見た目の派手な技だけでなく、心理的に優位に運ぶための技と位置付けると使い勝手が大きく向上するでしょう。
ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事