SIGP226のメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座

サバゲー初心者の方へ東京マルイの銃をベースに特性を紹介している講座の第十六弾です。

今回は、「SIGP226のメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座」を紹介していきます。

1.SIGP226とは

実銃のSIGP226は、サヴエル&ゾーン社が開発したハンドガンで、各警察機関や特殊部隊などで採用されています。

サバゲー初心者の方では馴染みはありませんが、FPSや映画などでは数多く登場しています。

東京マルイのP226は二種類ありまして、通常のP226とP226E2というものが存在します。

サバゲー初心者の方でおすすめなのは改良型のP226E2です。

それでは次にサバゲー初心者の方にも分かりやすく、メリットとデメリットを説明していきます。

1.メリット

メリットは他のハンドガンよりコンパクトなので取り回しがよく、反動も気休めですが、少なく感じるので片手でも連射しやすい銃だと思います。

さらにP226E2では、その性能がアップしており、速射(弾の連射速度)が速くなっているので、購入時はP226E2をおすすめします。

また各種ホルスターやマガジンポーチにも対応するので運用面でも不自由なく、扱えるハンドガンだと思います。

2.デメリット

デメリットはカスタムパーツが少ないことです。

さらに、フレームのかみ合わせが悪いと最終弾を撃ってもホールドオープンしないことが多いので、こまめにクリーニングメンテナンスが必要になってきます。




また連射性能が高いということは、それだけ弾の減りも早いので、注意しながら運用するべきです。

以上の点を除けば、取り回しもよく連射性能も高いので、おすすめな一品だと思います。

2.ハンドガンを買うときはなるべく新しいシリーズのものを

SIGP226のように、前回の改善点を改修した銃はいくつかあります。

M92FがM9になったのはM92Fの場合はデコッキングなどのシステムが発売当初、搭載されていなかったので安全面での心配はありました。

M9では、その機能が搭載され、安全性や信頼性が上がりましたが、マガジンの冷えの問題は今後の課題です。

サバゲー初心者の方にハンドガンをおすすめする時、私個人の考えですが、なるべく構造が新しいものを買うように勧めます。

理由としては古い型の銃だと次第に生産も縮小されていくので、私は色々な銃を触ったことはありますが、新しいのが出るたびに古いものを処分するので所持数が少ないほうです。

ただ、これは私自身の考え方なので、古い型の銃もいいですし、新しい方の銃を追うのもどちらもありと思っています。

サバゲー初心者の方も一度、銃を買ったらしばらくは買わないことが多くなると思うので、購入する時は、じっくり吟味して購入するようにしましょう。




おすすめの記事