上段受けのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

上段受けは主に自分の顔面に真っすぐ飛んでくる突きや上から振り下ろされる棒を上にはね上げて弾くための防御方法です。

今回は上段受けの基本練習、実戦での意味を理解した上達方法を述べていきます。

1. 上段受けの基本練習

上段受けはテコンドーにおいて主に顔面に向かってくる突きや上から振り下ろされる棒を受け止めるための基本の受け技です。

こちらに向かってくる直線や縦の攻撃に対して一度クロスさせた腕を下から上にはね上げることで防御します。

ここでは上段受けの基本練習について解説します。

1.上段受けは一度の動作で二度防御する

上段受けは顔面への突きを捌くための防御です。勢いのついた攻撃を叩き落とすには瞬間的に力を入れる体の使い方が不可欠です。

上段受けをうまく決める練習、コツは非常に簡単です。しかし、これができるかできないかでは受けの精度やキレを左右するほど重要な要素です。

それは「上段受けは一度の動作で二つの部位を防御する意識で行う」ことです。

上段受けの動作の前には必ず、胸の前で両腕を交差させる動作がありますよね。あれはただの予備動作などではなく、「心臓を守る」という意味が込められています。胸の間で両腕を交差させて相手の攻撃から命にかかわる急所である心臓を守るのです。

心臓を守る動作から今度は顔面の防御です。腕を下から上にはね上げることで相手の突きを上方向に流します。さらに上からの攻撃である棒の振り下ろしを受け止める目的もありますので、自分の前腕の尺骨で受け止めるように意識しましょう。

肘を先導してばねを弾き出すように上にはね上げる感覚を練習で掴むと上達が早まります。

上段受けは一度の動作で二つの部位を防御する。この意識を刷り込みましょう。




2. 上段受けの実戦運用

さて、上記では上段受けの基本練習について説明しましたが、今度は実際の意味を考えた上達のコツについてのポイントについて説明します。

テコンドーは武道でもありますので型の動作はすべてルールのない実戦に通じています。つまりテコンドーの基本動作は実戦に基づいた意味があるのです。そこを理解すると上達が一気に早まります。

1.実戦では踏み込んで正拳に変化させる

上記では上段受けの基本練習について述べましたが、型にも実戦にも通じる最大の秘訣について説明します。

型の中では相手の上段突きを下から上へ弾く防御手段であった上段受けですが、実戦では一歩深く踏み込んで攻撃技に変化させます。

上記の項では「心臓を守りながら顔面への防御に移行する」と解説しましたが、実戦では踏み込むことでクロスカウンターのように正拳を合わせてしまいます。

つまり、自分の心臓を守りながら瞬時に顔面への攻撃に転じることで、顔面と心臓という二つの急所を守りながら、カウンターを決めることができるのです。

受けを攻撃に変化させることで「相手の攻撃を捌きながら自分はカウンターをとれる」という利点があります。上段受けは優れた心臓と顔面という命に係わる二つの急所を完璧にガードするための基本中の基本です。

裏拳と同じように人中を狙いますが注意点として、額や口だけには当てないようにしましょう。額に当てると拳が砕けますし、口に当たると歯が刺さる恐れがあります。

ただ漫然とやるのではなく、狙う部位まで意識することで型が上達するのです。

以上がテコンドーにおける上段受けの練習方法と上達のコツです。上段受けの最大の特徴は「顔面と心臓という人体における二大急所を守る意識を練習の中で学べる」ことです。型は先人からのメッセージですので意味を理解して練習しましょう。ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事