上段逆突きの正しい打ち方 | テコンドーが上達する練習方法

上段逆突きはいわゆる顔面へのストレートです。顔面へのパンチのあるITFテコンドーの試合のほか、パンチといえば真っ先に知られているであろう知名度の高い技です。

構えた時に後ろに置いた手で腰を入れて打つため威力が高く、顎をピンポイントで打ち抜ければ相手をノックアウトすることも可能です。

今回は上段逆突きの基本練習、実戦での正しい打ち方と上達方法を述べていきます。

1. 上段逆突きの基本練習

上段逆突き上段順突きと対をなす攻撃です。相手のこめかみや顎を狙って後ろ手、つまり構えた時に後ろに引いた手を使ってピンポイントで打ち込みます。

構えた位置から腰を入れて打つので相手に深くダメージを与えることが可能です。

ここでは上段逆突きの基本練習と上達のコツについて解説します。

1.脇を締めて最短距離で打つ

上段逆突きは後ろ手からの攻撃の代表格です。上段逆突きが正しくできれば、構えた時に後ろにある手足で相手に効果的にダメージを与えられるので相手に対して大きなダメージを与えられ、戦局を有利に運ぶことが可能です。

とはいえ、初心者の方が打つと大ぶりのロングフック気味のパンチになり、モーションもバレバレで美味しいカウンターの餌になってしまいます。

そこで意識してもらいたいのが「脇を締め、最短距離でパンチを届かせる」ことです。

構えた位置から拳を引いたり、振りかぶったりせず、そのままの位置からノーモーションで拳を打ち込みます。その時に「脇を締めている」ことが重要になります。

試しに脇を開けたままパンチを打ってみて下さい。パンチが大回りになりませんか。脇を締めていないとパンチの軌道は大振りになる上に、力も分散します。




しっかり脇を締めて最短距離で拳を突き出しましょう。

2. 上段逆突きの実戦運用

さて、上記では上段逆突きの基本について説明しましたが、今度は実際の意味を考えた上達のコツ、ポイントについて説明します。

まずは基本となる突きから入ることで体の使い方をしっかり理解し、蹴りや受けでも生きるように仕上げていきましょう。手わざは感覚的に理解しやすいので、ここで基礎を固めておけばテコンドーに必要な技術のレベルを底上げできるからです。

1. 前手での攻撃からコンビネーションで使う

上記では上段逆突きの基本について述べましたが、型にも試合にも通じる最大の秘訣について説明します。

上段逆突きは後ろの手足での攻撃において基本となる突きなので、ここでは実際の試合、実戦での正しい打ち方を理解しておく必要があります。テコンドーレベルの向上のためにもしっかり理解しましょう。

後ろの手足からの攻撃は基本的に大回りになります。構えた位置から相手までの距離が遠いからです。腰を深く回すので正確に当てるにはコンビネーションに混ぜるなど工夫が必要です。

そこで一番当てやすいパターンとして「前手からのコンビネーションで当てに行く」パターンがあります。

前手で上段順突きを何度か放っておいてからいきなり打ち込むとそのままよりも命中率が格段に跳ね上がります。顔面パンチのないWTFなら前足から後ろ足といった応用もできます。前手もしくは前足で距離を測ってから打ちましょう。

以上がテコンドーにおける中段逆突きの練習方法と上達のコツです。中段逆突きはテコンドーにおいて中段順突きと対をなす手わざの基本ですので「連動」を素早く正確に行うことを意識して練習しましょう。ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事