フットサルの正しいボレーシュートの蹴り方

空中に浮いたボールをダイレクトにシュートすることをボレーシューと言います。

フットサルの中でもダイナミックで華麗なプレイですから、憧れている人も多いかと思います。

正しいボレーシュートを上達し実戦で活用しましょう。

1.ボレーシュートの基本姿勢

空中のボールを確実にミートするためには姿勢が大事です。

初心者が陥り安いのは格闘技のキックのように足だけでボールを蹴ろうとしてしまうことです。

ただでさえフットサルのボールは小さいですから、足だけを上げても正確にミートする事はできません。

足の動きに合わせて上半身を倒すことが大事です。

上半身を倒すことで蹴り足の股関節の可動域をフルに使えるようになり、ボールの軌道に合わせたミートが行えるようになります。

このフォームは大切なので上達するためにかかせません。

メンバーに見てもらったりスマホで録画したりして何度も練習を行いましょう。

2.フェイスをしっかり固定しボールを捉える

ボレーシュートは空中にあるボールに対して行うためフェイスで捉えることが比較的容易です。

置いたボールをインステップする場合、地面を蹴ってしまった経験は誰にでもあるでしょう。




特にフットサルのボールは小さいのでインステップだとつま先が地面に当たりやすく蹴りにくいイメージがあると思います。

しかしボレーシュートではボールは空中にありますからつま先を目一杯伸ばしても大丈夫です。

ですからタイミングが合えば綺麗なインステップでボレーシュートすることが出来るでしょう。

コツとしてはボールが最高到達点に達し落ち始める辺りを狙ってミートする事です。

上がりはじめを蹴ることも可能ですが正確なミートが難しいので、まずは落ち始めのボールで感覚を掴むのが上達への近道でしょう。

手投げでボールタッチをバウンドさせて蹴るというような反復練習を行いましょう。

3.試合中での活用方法

フェイントの一種としても重宝するのがボレーシュートです。

浮いたボールでのパスはフットサルではあまり使わないので、なかなかボレーシュートを狙う機会がなかったりします。

来ないのであれば自分で浮かせましょう。

リフティングの要領で来たパスをわざと浮かせその場で倒れ込むようにボレーシュートを狙うのです。

テンポが変えられますし、シュートコースを広げることも出来ます。

パスからリフトしてボレーシュートの一連の動きを練習してマスターしましょう。




おすすめの記事