体が硬い初心者におすすめのヨガのポーズ

ヨガと聞くと、体がやわらかくないとできないと思っていませんか。

体が硬いとヨガを習いに行くのもためらうものです。

けれでも、自宅なら人の目を気にせずマイペースでできますよね。

こちらでは、体が硬い初心者にもおすすめのヨガのポーズをご紹介します。

1.初心者でもヨガを楽しむのに大切なことは?

ヨガは、体が硬いとできないなんてことはありません。

もちろん初心者でも負担なく始められます。

体が硬くても、そんな自分を受け入れて自分のペースですることが大切です。

人と比べる必要はありません。

ヨガを通して自分が変わっていくことを感じ、喜んでいけばいいのです。

ヨガで重要なのは、呼吸です。

深く息を吸い込み、細く長く息を吐ききります。

息を吸って吐くという呼吸をし続けます。

丁寧に呼吸をすることで、筋肉がゆるみ体もやわらかくなっていきます。

体の伸びや縮みを感じ、気持ち良さを感じます。

ヨガをしたら体がスッキリする効果があります。

体がやわらかくなると、ヨガを楽しく続けていけますね。

2.体が硬い初心者におすすめのヨガのポーズ①山のポーズ

山のポーズは、ただ立っているだけのポーズなので、体が硬い初心者でも気軽にできます。

しかしながらシンプルなポーズである分、奥が深い部分もあります。

山のようにどしんと地に足をつけるポーズです。

足を腰幅に開き、親指の根元に重心があるように立ちます。

重心は意識しますが、足はかかとまでしっかりとつけます。

指先まで意識を向けてください。

かかと、ひざ、腰骨、肩、耳が一直線になっているようにします。

頭は空から糸で吊られているようにし、あごは引き床と平行にします。




肩をぐるっと回して肩甲骨を下に下げ、胸を開きます。

おへその少し下に意識を集中し、お尻を下げます。

これらが全てうまくいったら、合掌します。

殆どの人は体に歪みがあります。

ただ立っているだけのポーズですが、体に歪みがあると体はフラフラします。

呼吸をしながら合掌しているうちに、体が整っていくので、体の変化を感じてください。

3.体が硬い初心者におすすめのヨガのポーズ②チャイルドポーズ

チャイルドポーズは、その名前の通り子供、特に胎児のようになるポーズです。

床に正座して、一度背筋を伸ばします。

息を吸い、吐きながら肩幅に開いた手を床に滑らしていきます。

お尻が浮かないように気を付けましょう。

できるだけ遠くに手を動かしたら、その場で深い呼吸を繰り返します。

呼吸を繰り返すうちに体が伸びて手が遠くに届くようになります。

少しずつ手を遠くに移動しながら、呼吸を続けます。

手の先から上半身が伸びているのを気持ちよく感じます。

4.体が硬い初心者におすすめのヨガのポーズ③ひじくっつけ

ひじくっつけのポーズでは、肩の周りの筋肉をゆるめることができます。

座っても立ってもできるポーズなので、仕事場でもできます。

肩に手を置いたまま、胸の前で左右のひじをくっつけます。

そのままひじを上にあげてぐるりと一周回します。

できるだけ大きな円を描くようにしましょう。

反対回りもしてバランスを取ってください。

体が硬い初心者でも十分に楽しめるのがヨガの魅力です。

楽しく続けていれば、効果が表れてきます。

無理なく継続できる範囲でおこなってください。




おすすめの記事