ヨガは子供にも効果があるの?

ヨガは、リラックス効果やデトックス効果など、様々なメリットがあります。ヨガはすぐ効果を感じされるので数多くの人が世界中で実践しています。

近年では、大人のみならず、子ども向けのヨガもアレンジされ、子どもヨガ、キッズヨガといったクラスを行なっているヨガスタジオやヨガインストラクターが多数存在します。

1.子どもにもヨガが必要とされる背景

近年の子どもは家の中でゲームなどをして遊ぶことが多く、運動不足や運動能力の低下が危惧されています。特に都会では、海、川、山といった大自然で遊ぶことが日常的にできるかというと大変難しく、屋外で遊ぶとなれば限られた公園等のみになってしまいます。

このような現代の住環境の変化が、子どもの運動離れに繋がるのも頷けます。

その点、ヨガは、ヨガマット一つで手軽にできますし、屋内外、場所を選ばず身体を動かすことができ、アーサナ(ポーズ)は、子どもでも簡単に優しくできるものも多く、適度な運動量を子どもに与えれる一つの有効的な手段と言えます。

[br num=“1”]

2.子どもヨガはどんなふうに行われるの?

大人と違って、子供は自分の興味にとても素直です。このため、興味がなくなったり、面白さを感じなければ、すぐに他のことを始めます。

子どもヨガのインストラクターは子どもの特性をよく考慮しており、歌や、ゲーム、お絵かきなどをヨガに取り入れて、子どもにヨガの楽しさを伝えるよう努めています。




[br num=“1”]

3.子どもヨガの効果は?

子どもヨガも大人が行うヨガ同様、アーサナ(ポーズ)とプラーナヤーマ(呼吸)で構成されています。アーサナ(ポーズ)は、子どもが親しみやすい名前になっていたり、子どもがやりやすい形にアレンジされてますが、基本的には大人と同じ効果が期待できます。

[br num=“1"]

1.運動不足の解消

子どもがヨガをすることの大きな効果に、ヨガで身体を動かす機会が増えるため、運動不足の解消、運動能力低下の改善といったことが挙げられます。

また、アーサナ(ポーズ)は身体にダイレクトにアプローチしていくので、柔軟な身体を作り、バランス感覚を養うこともできます。

[br num=“1”]

2.感情のコントロール

子どもは、自分の要求が上手に言葉で伝えることが難しく、感情的になってしまうことが多々あります。

大人のヨガ同様、呼吸にアプローチしていきますので、アーサナ(ポーズ)とプラーナヤーマ(呼吸)により自律神経が整い、感情の安定や、感情をコントロールする力をつけるといった可能性も多分に含んでいます。

[br num=“1”]

3.学習能力の向上

アーサナ(ポーズ)とプラーナヤーマ(呼吸)を行うことで、血行がよくなり、酸素をたくさん体内に取り込めるのは大人も子ども同じで、酸素は脳の活性化を助けます。

この為、脳の働きが良くなり、集中力が高まる効果があるので、勉強や宿題がはかどるということも期待できますね。




おすすめの記事