ヨガのワニのポーズは、仰向けになって足を浮かせたまま左右に動かすポーズです。

ポイントさえ押さえれば、難しくありません。

今回は、ワニのポーズのやり方と効果についてお伝えします。

1.ヨガのワニのポーズ、やり方は?

ヨガのワニのポーズは、仰向けの山のポーズからスタートします。

山のポーズは本来立っておこなうポーズですが、そのまま仰向けになったと考えてください。

足の親指を揃えて、骨盤を空に向けます。

腰骨も水平であるようにします。

姿勢は山のポーズのままで、両手を手の甲を空に向けて真横に広げます。

息を吸いながら両ひざを90度に曲げます。

足のすねが床と平行になるようにして、かかとも90度に曲げます。

両方のかかとを押し出し、つま先を天井に向けるとかかとが90度に曲がります。

両方のひざは揃えておきましょう。

息を吐きながら、両方のひざを揃えたままゆっくりと右側へ倒します。

両方の肩はしっかり床につけたままですが、ひざは床につけません。

床につく少し手前で浮かせておきます。

お腹に力を入れて、左右の骨盤がずれないように位置を安定させます。

この時、視線は空に向けたまま動かしません。

ひざを右側へ倒したまま、3呼吸程姿勢をキープし、反対側も同じようにおこないます。

ヨガで重要だとされる呼吸は、できるだけ深く長くおこないます。




余裕があるなら、両方のひざを倒してから足を揃えたまま、ひざを伸ばします。

この状態で3呼吸程姿勢をキープします。

反対側も同じようにおこないます。

逆にポーズをキープするのが難しければ、両足の裏を床につけます。

両方のひざは揃えて、足を左右に倒すとやりやすくなります。

両手を真横に広げたまま、おこないます。

初めから足を浮かせておこなうのが不安なら、足の裏を床につけた方法から始めてください。

姿勢をキープし、深く長い呼吸が続けられることが重要です。

最後は両足を正面に戻してから、仰向けの山のポーズに戻ります。

ワニのポーズのポイントは、足の重みに上半身がつられてしまわないようにすることです。

そのためには、両方の肩をしっかりと床につけておこないましょう。

2.ヨガのワニのポーズ、効果は?

ヨガのワニのポーズは、腰痛の緩和、不眠の改善に効果があります。

気持ちを落ち着ける効果もありますので、就寝前におこなうのも効果的です。

ツイストするポーズなので、腸に刺激を与え便秘を解消できます。

椎間板にトラブルを抱えていたり、骨粗鬆症の場合はワニのポーズを控えてください。

腰痛の緩和に効果がありますが、少しでも腰に違和感を感じたらやめてください。

少しでも負担を感じたら、両足の裏を床につけたままおこなう方法を選ぶといいでしょう。

無理をせず、続けられる方法を選んでください。




おすすめの記事