疲れが取れるヨガのポーズとは?

一日では少しの疲れでも、疲れがたまると様々な疾患を引き起こします。

ヨガは、疲労回復にも効果的ですから、できる時に継続するといいでしょう。

今回は、疲れが取れるヨガのポーズをご紹介します。

1.どうしてヨガで疲れが取れるの?

ヨガをすることで、全身の筋肉がほぐれます。

血行促進にもなるので、老廃物が流れるとともに、老廃物をためこみにくい体になります。

リラックス効果もあるので、心も体も疲れが取れるというしくみです。

2.疲れが取れるヨガのポーズ①ドルフィンのポーズ

ヨガのドルフィンのポーズは、四つんばいからスタートします。

両手の指を組み合わせて、肩の下にひじがくるように床に腕をつきます。

両足は腰幅に開き、つま先を立てます。

息を吸いながら、両ひざを床から離します。

お尻を空に持ち上げるイメージです。

息を吐きながら、両方のかかとを床につけます。

視線を一度足の指先に向けて、背筋を伸ばします。

その後、視線は後方に向けて、3呼吸程ポーズをキープします。

太ももの裏側を空の方に引いて、上体から骨盤を引き離すようにします。

胸骨を引き上げ、二の腕の内側を外側に回転させます。

両手の小指で、しっかりと床を押します。

足は、足の裏全体でしっかりと床を押しますが、背中が丸まったりかかとがつかない場合は、かかとを浮かせておこなっても大丈夫です。

ヨガのドルフィンのポーズは、全身の疲れが取れるとともに、ストレス解消にも効果的です。




3.疲れが取れるヨガのポーズ②ガス抜きのポーズ

ヨガのガス抜きのポーズは、仰向けに横になるところからスタートします。

床でおこなう場合は、ヨガマットなど何か一枚でも敷くとやりやすくなります。

仰向けで両方のひざを立てます。

両ひざを胸に近づけて、両手で抱えるようにします。

息を吐きながら、両手で両足を胸の方に引き寄せると同時に、頭をひざに近づけます。

両足の付け根から太もも全体を胸に近づけるイメージです。

耳と肩は遠ざけるようにして、胸から上半身を起こし足に近づけます。

自分のおへそに視線を置き、呼吸を繰り返します。

深く長い呼吸をすることがヨガでは重要です。

しっかり呼吸をすることで腸の働きも良くなり、より高い効果を得ることができます。

何度か呼吸を繰り返し、脱力してまたポーズを繰り返すのもいいでしょう。

ひざを立てた仰向けになったら、完了です。

両手で両ひざを抱えたまま、前後左右にゆらゆらとゆれるだけでも、腰をほぐすことができます。

仰向けになり、片足ずつ抱えて胸に近づける方法でも構いません。

左右ともバランス良くおこないます。

息を吸いながら足を抱えて、息を吐きながら足を胸に近づけるようにしてください。

両足を抱える方法がやりにくければ、片足ずつおこなう方法を試してみるといいでしょう。

ヨガのガス抜きのポーズは、腰痛、便秘の解消にも効果的です。

呼吸に重点を意識を向けることで、体がスッキリしたと感じ疲れが取れるでしょう。




おすすめの記事