40代に効果的なヨガのポーズ

ヨガは年代を問わず、自分に合ったレベルのポーズを選んでおこなうことができます。

時を経て、体が変化する40代になってすると効果的なヨガももちろんあります。

こちらでは、40代に効果的なヨガのポーズをご紹介します。

1.40代の体の変化って?ヨガが効果的なのはどうして?

40代は人生の中で最も忙しい時期だといわれます。

仕事では管理職になる人が増えたり、仕事と家事の両立に忙しい中、親の介護の問題が立ちはだかることもあります。

体も変化しています。

実は、体の老化はすでに起こっていることなのですが、目に見えて体の衰えを感じることが増えるかもしれません。

疲れが取れにくくなったり、むくみやすくなったりすることもあります。

女性ホルモンが乱れ、更年期障害の症状が起こる場合もあります。

ヨガでは深い呼吸を重視します。

胸まで息を目一杯吸い込み、細く長く吐くことでリラックス効果が表れます。

疲労がたまりイライラすることがあっても、精神を安定させることができますので、女性ホルモンの調子が整います。

ヨガはデトックス効果もあります。

新陳代謝も良くなり、自然治癒力がアップします。

痩せにくい体になっている人が少なくないですが、ダイエット効果も期待できます。

2.40代に効果的なヨガのポーズ①合蹠(がっせき)のポーズ

ヨガをしたことがない人でも、一度は見たことがあるのがこの合蹠のポーズではないでしょうか。

股関節をバランスの良い位置に調整し、柔軟性を高めることで血行が良くなります。

40代でよく起こる女性ホルモンの乱れも解消され、逆に分泌を促してくれるヨガのポーズです。

まずはあぐらをかいて座ってから、足の裏同士をピタリと合わせて背筋を伸ばします。

骨盤から立てる感じにすると、きれいにできます。




前方の床に肩幅に広げて手を置き、息を目一杯吸い込みます。

吐きながら、手を前方に移動させていきます。

上体も寝かせますが、お尻が浮き上がらない程度にします。

一番遠くまで行けたら、呼吸を繰り返しポーズをキープします。

呼吸を繰り返すことで柔軟性がつき、手がまだ前方に動かせそうなら動かします。

そしてまた呼吸を繰り返します。

息を吸いながら上体を起こし、戻ったら息を吐いて脱力します。

3.40代に効果的なヨガのポーズ②弓のポーズ

弓のポーズでは、倦怠感の解消、疲労回復、腰痛の改善が期待できます。

首から足までのほとんど全身の筋肉を動かすので、血流が良くなり、40代で多い冷え性を改善できます。

まずうつ伏せになり手は体に沿わせます。

ひざを曲げて、お尻につけるようにします。

両手で足の甲か足首をつかみ、息を吸いながら上に上げていきます。

足は、できるだけ同じ高さになるように上げてください。

背中を反らせてポーズをキープします。

この時も呼吸は繰り返します。

余裕があれば前後に体をゆらゆら揺らしてもいいでしょう。

息を吐きながら、足を下ろし、手をほどいてうつ伏せになります。

4.40代に効果的なヨガのポーズ③チャイルドポーズ

チャイルドポーズは、ヨガのポーズを連続してした後や途中で、休息に使われますが、いつおこなっても効果が表れます。

簡単なポーズですが、丸くなって呼吸をするポーズなので、心身のバランスをとったりイライラを解消させる効果があります。

正座をし、両足の親指をくっ付けます。

ひざは腰幅に開き、かかとの上におしりを乗せます。

息を吸いながら上体を床に下ろします。

足と足の間に上半身を置くイメージです。

呼吸を30秒程繰り返したら、息を吐きながら上半身を起こします。

正座に戻ったらリラックスします。




おすすめの記事