激しい運動を伴わないヨガですが、ストレッチ効果で体を引き締められるので痩せることも可能です。

今回は、気になる人も多い下半身が痩せる効果のあるヨガのポーズをお伝えします。

1.下半身が痩せる効果のあるヨガのポーズ①前屈のポーズ

ヨガのポーズで下半身全体の痩せる効果があるのは、前屈のポーズです。

特に太ももの裏側、腰周辺、ウエストが引き締められます。

足を前方に投げ出すように座ります。

かかとをつき出すイメージを持ち、つま先は空に向けます。

背筋を伸ばし、ウエスト、腰を地面に下ろすようにします。

骨盤を立てるイメージです。

呼吸を何度かしてから、息を吸い込み背筋を伸ばしあごを下げます。

息を吐きながら上半身を倒し、前屈していきます。

呼吸を繰り返しながら、30秒程ポーズをキープします。

呼吸を続けるうちに手が前に届くようになります。

手が届くところまでで大丈夫ですが、少しずつ手を前方に動かしてください。

息を吸いながら上体を起こします。

2.下半身が痩せる効果のあるヨガのポーズ②舟のポーズ

舟のポーズは、お尻から足の筋肉を鍛えることで痩せる効果が発揮されるヨガのポーズです。

腰や首に不安がある場合、妊娠中は避けた方がいいでしょう。

新陳代謝を向上させたり、便秘を解消する効果もあります。

ひざを立てて座り、足は揃えておきます。

両手で足の裏を支えるようにして、息を吸いながら揃えた両足の先を空に向けていきます。




ひざを伸ばして体でV字を作りますが、ツラいときは無理せずにひざを立てて少し浮かすくらいでも大丈夫です。

背筋を伸ばし、30秒程呼吸を繰り返しながらポーズをキープします。

息を吐きながら、足を下ろします。

3.下半身が痩せる効果のあるヨガのポーズ③立ちねじりのポーズ

立ちねじりのポーズは、ウエスト、足を中心にした下半身痩せの効果があります。

体を大きく動かすポーズですので、スペースに余裕がある場所でおこなってください。

肩こり改善、新陳代謝の向上にも効果を発揮します。

両足のかかとをつけて、足の先をV字に開いて立ちます。

足の裏に均等に重みがあるように立つことが大切です。

片足を大きく後ろに引き、ひざ立ちになります。

後方にある足の甲は、床につけておきます。

後ろに引いたのと同じ側の手を上に上げます。

ひじを伸ばし、指先は空に向けます。

背筋を伸ばし、足が一直線になっているか確認します。

呼吸をして、息を吐きながら上げた手のひじを反対側のひざの外側にかけるようにします。

上体をひねり、胸の前で合掌します。

呼吸を繰り返しながら、ひじでひざを押すようにしてポーズをキープします。

息を吸いながら上体を戻し、反対側も同じようにおこないます。

ヨガでは、どのポーズをする場合も呼吸を繰り返しながらおこないます。

程よい疲れを感じるくらいでやめておくと、楽しく継続できます。

下半身が伸びている気持ち良さを感じながらすると、痩せる効果もアップします。




おすすめの記事