ヨガをする日の食事に疑問を持つ人は少なくありません。

直前に食べると気分が悪くなったり、逆に食べないとレッスン中自分のお腹の音に集中できないなんてこともあるかもしれません。

今回は、ヨガをするときの食事について考えます。

1.ヨガをするときの食事、いつ食べたらいい?

ヨガスタジオのパンフレットなどには、「食事は、レッスンの2時間前までにお済ませください」と書いてあることがあります。

3時間としているスタジオもあり、一様ではありません。

食事の内容やその日に食事をとれる時間にももちろんよるでしょうが、2時間前を目安にするといいでしょう。

ヨガをした後は、最低1時間半何も食べずにおきましょう。

アルコールは2時間後からにした方がベターです。

2.ヨガをするときの食事、直前直後はどうしてダメなの?

ヨガは激しい運動ではありませんが、体を反らしたりひねったり、逆立ちのような体勢になることもあります。

そのような動きをする前に食事をとっていると、動きにくいですし内臓に負担がかかってしまいます。

気分が悪くなる人も少なからずいるのが普通です。

そのため、ヨガをするときは空腹でいるのが望ましいのです。

ヨガをした後は、ヨガの効果で体はデトックスしようとします。

体にたまっていた老廃物を排出しようとしている状態です。

このような時に、食物を吸収すると、逆のように感じますが普段以上に吸収が進みます。

思いがけず太ってしまうこともあるのです。




吸収しすぎて内臓に負担もかかります。

デトックスを促すために、水分はしっかりと摂取することが大切です。

3.ヨガをするときの食事、何を食べたらいい?

ヨガをする前は、消化が良くヘルシーなものを食べるといいでしょう。

野菜がたくさん入ったスープやお粥もおすすめです。

仕事や学校帰りで、時間的に理想の物が食べられない場合は、手に入りやすいおにぎり1個でも大丈夫です。

お腹を満腹にせず、適量で済ませるのがポイントです。

ヨガの効果を十分に得るためにも、不便ではありますが、我慢することも必要です。

ヨガの後にも消化が良くヘルシーな食物が欠かせません。

特に甘いものや脂肪分が多く含まれるものは避けた方がいいでしょう。

ヨガで血行促進が進み、体が温まっています。

体を冷やす食物も極力控えてください。

ヨガの後は、筋肉が形成されていきます。

鳥のささみ、豆腐などの大豆製品といった良質なタンパク質を摂取するようにすると、筋肉の形成を促します。

その際には、ビタミンCを一緒に摂取することが大切です。

ビタミンCが多く含まれるパプリカ、大豆製品の豆腐を入れた中華スープで軽く食事にするのもおすすめです。

ヨガの後には水分補給を十分にする必要がありますが、アルコールは水分にあたりません。

酒に酔うと体がポカポカして温まっているかのように感じますが、体の内部は冷えています。

アルコールは体を冷やすということも注意するポイントです。




おすすめの記事