ヨガの鳩のポーズは、体のあらゆる部分を伸ばすことができるポーズです。

そのため、様々な効果が期待できるのがメリットです。

今回は、鳩のポーズのやり方と効果についてお伝えします。

1.ヨガの鳩のポーズ、やり方は?

ヨガの鳩のポーズは、正座からスタートします。

正座から、両方のひざを右に倒して横座りになります。

右足だけ残して、左足を後ろに伸ばします。

このままだと体が安定しませんので、骨盤が左右同じ高さになるように調整します。

骨盤が左右どちらかに傾いてしまったり、後ろに足がまっすぐ伸ばせない場合は、曲げている方の足の位置やお尻の高さを調整します。

お尻の下にブランケットやタオルを敷いて水平にするのも、手です。

左右の骨盤の高さが水平でないままポーズをおこなうと、曲げている方の足のひざや腰を痛めることもありますので、注意が必要です。

一度息を吐ききり、自然な呼吸を続けながら左足のひざを曲げます。

左足の先が空に向かって立っている状態です。

左足の先を左腕で支えたら、右手を一度空にまっすぐ伸ばします。

それから手を頭の上から回して、左手をつかみます。

斜め上に視線を置き、ゆっくり呼吸を続けます。

手と手をつなぐのが難しければ、左手で曲げた左足の先を持ち、右手は右ひざの前につきます。

このまま目線を斜め上に上げて、胸を開くのでも構いません。

上体が前方に倒れないように、胸を開き起こします。




お腹を前に突きだしてしまうと腰に負担がかかるので、気を付けてください。

首に力を入れず、リラックスさせます。

また前足の太ももの内側を外側にぐるりと回すようにすると、股関節が外側に開きます。

ヨガの鳩のポーズは、肩甲骨や股関節を大きく動かすポーズです。

四つんばいから犬のポーズ(ダウンドッグ)をおこない、肩甲骨や股関節をほぐしておくと、怪我をしにくくなります。

犬のポーズから鳩のポーズに移行する場合は、正座にならずに右ひざを曲げて、床についている両手の間に足を差し入れます。

息を吐きながら、右ひざから右のすねを床につけます。

左足を後方に伸ばして、左右の骨盤が水平になるように調整します。

その後は、鳩のポーズを単独でおこなう場合と同様です。

反対側もおこなってください。

股関節に
痛みがある場合、ひざや足首に怪我をしている場合は、鳩のポーズを控えてください。

2.ヨガの鳩のポーズ、効果は?

ヨガの鳩のポーズは、背中、お腹、ウェスト、太もも、お尻の引き締めに効果があります。

バストアップ、骨盤矯正にもつながります。

泌尿器系を中心に、内臓に刺激を与えて、内臓機能の改善を図ります。

肩こり、冷え性の改善にもなります。

継続すると、腰痛の緩和にもなるでしょう。

これらの効果を得るには、骨盤を水平に安定させた上でポーズをおこなう必要があります。

無理しない程度におこなってください。




おすすめの記事