女性の体が大きく変わる産後は、ダイエットにもってこいの時期です。

ヨガなら、無理なくお家でも簡単にできます。

今回は、産後のダイエットに効果的なヨガのポーズをご紹介します。

1.産後のダイエットにヨガ、効果的なのは産後いつから?

妊娠すると、お腹周りを中心に脂肪がついていきます。

この脂肪は、産後6ヶ月頃から徐々に固まっていき、落ちにくくなります。

ですから、産後の体がもとに戻りつつある1ヶ月くらいから6ヶ月頃におこなうとダイエットに効果的です。

体調の戻り方は、それぞれ異なりますので、無理のないようにしてください。

産後はヨガの教室に通ったり、ジムに通う時間をわざわざとるのは難しくなります。

ヨガならお家で気軽にできるので、産後のダイエットに効果的です。

2.産後のダイエットに効果的なヨガのポーズ①糸通しのポーズ

糸通しのポーズは、背中、腰、肩周りをほぐすヨガのポーズです。

授乳や抱っこで肩こりに悩んでいる方にもおすすめで、新陳代謝が上がるのでダイエットに効果的です。

四つんばいになり、足を腰幅に開きます。

肩の下に手、お尻の下に膝が来るようにして、足の指を立ててください。

片腕を反対側の肩の下に通します。

体に垂直に腕を通すイメージです。

右腕を通したら、左腕を前方に伸ばします。

右肩、頭を床につけて、目線は空に向けます。

ウエストをねじり、肩甲骨周りが伸びている感じを意識してみましょう。

3.産後のダイエットに効果的なヨガのポーズ②三角のポーズ

三角のポーズは、お腹や足の引き締めに効果があります。




下半身の強化、消化機能の改善、骨盤矯正、腰痛予防にもなります。

すでに腰痛になっている人は、腰痛を悪化させる恐れがありますので、無理しないようにしてください。

両足を大きく開き、どちらかの足を90度外側に回転させます。

息を吸いながら、両腕を肩の高さで地面と平行になるように広げ、息を吐きながら、前方にある回転させた足の先に、同じ側の手を近づけていきます。

反対の手の指先は、空に向けます。

手のひらが後方に向くようにしてください。

ひじを伸ばして、視線は指先です。

30秒程呼吸を繰り返しながら、ポーズをキープします。

息を吸いながら肩の高さで両腕を広げ、吐きながら腕を下ろします。

反対側も同じようにおこないます。

産後は、抱っこや授乳で体が縮こまっていることが多いです。

このヨガのポーズをして、体の伸びている部分を気持ちよく感じてください。

4.産後のダイエットに効果的なヨガのポーズ③赤ちゃんのポーズ

赤ちゃんのポーズは、骨盤を柔軟にして正常な位置に戻してくれるヨガのポーズです。

リラックス効果や便秘の解消にも役立ちます。

育児で忙しく、なかなかのんびりできない中でも、このヨガで気分転換をしてみてください。

仰向けに寝て、足首を揃えて足を伸ばします。

息を吸いながらひざを曲げて、抱えます。

その後息を吐きながら、上半身を抱えたひざに近づけます。

息を吸いながら上半身を戻し、足も戻します。

息を吐いて脱力します。




おすすめの記事