反り腰になると、お腹がぽっこり出てウェストラインが崩れてしまいます。

今回は、反り腰の改善に効果的なヨガのポーズをご紹介します。

ヨガで美しいウェストラインを取り戻しましょう。

1.反り腰ってどんなものなの?

反り腰は、弓のように腰が反っている状態をいいます。

胸とお尻が突き出た状態になるので、骨盤も歪みます。

ぽっこりとお腹が出てしまっている体型の人も、反り腰である場合がほとんどです。

2.反り腰の改善に効果的なヨガのポーズ①らくだのポーズ

ヨガのらくだのポーズは、いきなりおこなうと、腰や背中を痛めることがありますので、できる範囲でおこなってください。

正座をし、呼吸を整えます。

ヨガで重要な、深く長い呼吸を心がけてください。

両ひざを腰幅に開いて、立てひざになります。

息を吸いながら、上体を後方に反らしていきます。

慣れるまでは、片方ずつそれぞれのかかとを手でつかんでおきます。

それから、お腹、胸、首を少しずつ伸ばすようにします。

反らすのが無理なら、腰に手を当てたまま上方に視線を置きます。

肩の力を抜き、背骨をねじらないようにしましょう。

おへそを前方につきだすイメージを持つと、やりやすいです。

3.反り腰の改善に効果的なヨガのポーズ②コブラのポーズ

ヨガのコブラのポーズは、肩や背中がポカポカし血行が良くなる効果があります。

反り腰にも効果的なポーズですが、腰に痛みや違和感を感じたら、無理をしないでやめておいた方がいいでしょう。

うつぶせになり足を肩幅に開きます。

手は胸の横に置いておきましょう。

息を吸いながら手で床を押し、上体を起こします。




あごを少し上に向け、のどを伸ばします。

息を吐きながら上体を下ろします。

呼吸に合わせて繰り返します。

4.反り腰の改善に効果的なヨガのポーズ③糸通しのポーズ

糸通しのポーズは、背中、腰、肩周りをほぐすヨガのポーズで反り腰の改善に効果的です。

四つんばいになり、足を腰幅に開きます。

肩の下に手、お尻の下に膝が来るようにして、足の指を立ててください。

片腕を反対側の肩の下に通します。

体に垂直に腕を通すイメージです。

右腕を通したら、左腕を前方に伸ばします。

右肩、頭を床につけて、目線は空に向けます。

ウエストをねじり、肩甲骨周りが伸びている感じを意識してみましょう。

5.反り腰の改善に効果的なヨガのポーズ④アーチのポーズ

ヨガのアーチのポーズは、学生時代にしたことがある人も多いでしょう。

ブリッジといえば、分かりやすいでしょうか?

反り腰だけでなく、手首や足首の強化、代謝機能のアップにも効果的なポーズです。

まずは仰向けに寝転び、ひざを立てます。

ひざは開かずに閉じて、足の先は少し開けておきましょう。

かかとがお尻につくところまで移動させます。

呼吸を整えられたら、吸いながら足に力を入れて腰を上げていきます。

頭はまだ床についたままです。

首、肩、腰に違和感や痛みを感じたら、ここでやめてください。

息を吸って、吐きながら手で床を押します。

首、腰も更に上に上げます。

呼吸をしながらポーズをキープします。

息を吐きながら、ゆっくりと頭、首、腰の順番で下ろしていきます。

慣れるまでは、誰かに背中を補助してもらうとやりやすいです。




おすすめの記事