ヨガは体に様々な良い効果をもたらしてくれますが、そのうちの一つに引き締め効果があります。

体の気になる部分に応じてポーズを選ぶといいですね。

体の引き締めに効果的なヨガのポーズを具体的にご紹介しましょう。

1.ヨガが体の引き締めに効果的な理由は?

それほど激しい運動を伴わないヨガですが、ゆっくりと呼吸に合わせておこなうだけで体の引き締めに効果があります。

重要なのは呼吸で体を緩めながらシェイプアップすることです。

呼吸をせずにいると、体が固くなりケガをしかねません。

現代社会では大気汚染も進み、なかなか息を思いきり吸い込み吐ききるということができていません。

初めは慣れずぎこちないかもしれませんが、是非、呼吸だけは意識してやってください。

呼吸がうまくなればなるほど、引き締め効果もアップするでしょう。

2.体の引き締めに効果的なヨガのポーズ①さるのポーズ

さるのポーズは、背中のたるんだ肉の引き締め、ヒップアップ、下半身の引き締めに効果的なヨガのポーズです。

股関節を伸ばすので、生理痛といった婦人科系のトラブルが楽になったり、骨盤矯正、腰痛解消、肩こりにも効果的です。

まず正座をし、一呼吸おいたら膝立ちになります。

片足だけ前に出して、膝を90度に保ちます。

手はだらりと体側に沿わせ、頭は空から糸で吊られているイメージを持ってください。

後方にある足は、甲をぺたりと床につけます。

両手を背中で組み腰を落とすようにします。

ひじを伸ばし息を吸い込み、吐きながらあごを上げていきます。

手は背中から離し、上体を反らしてください。

おへそを前に出すイメージです。




足の方は、前方にある足の膝を深く曲げ、腰を落とすようにします。

反らした状態で30秒程、呼吸を繰り返します。

息を吸い込み両ひざ立ちになり、息を吐いて一度力を抜き脱力します。

反対側も同じようにおこないます。

3.体の引き締めに効果的なヨガのポーズ②三角のポーズ

三角のポーズは、お腹や足の引き締めに効果があります。

下半身の強化、消化機能の改善、骨盤矯正、腰痛予防にもなります。

すでに腰痛になっている人は、腰痛を悪化させる恐れがありますので、やらないようにしてください。

両足を大きく開き、どちらかの足を90度回転させます。

息を吸いながら、両腕を肩の高さで地面と平行になるように広げ、息を吐きながら、前方にある足の先に、同じ側の手を近づけていきます。

反対の手の指先は、空に向けます。

手のひらが後方に向くようにしてください。

ひじを伸ばして、視線は指先です。

30秒程呼吸を繰り返しながら、ポーズをキープします。

息を吸いながら肩の高さで両腕を広げ、吐きながら腕を下ろします。

反対側も同じようにおこないます。

4.体の引き締めに効果的なヨガのポーズ③椅子のポーズ

椅子のポーズは、背中のたるんだ肉、太ももの引き締め、ヒップアップ、肩こりや冷え性の改善に効果があるヨガのポーズです。

足は腰幅に開き、息を吸いながら両手を上に上げていきます。

息を吐きながら両ひざを曲げて、太ももを緊張させます。

ひざが両方とも前方を向くように注意してください。

20~30秒呼吸を繰り返しながら、ポーズをキープします。

途中でツラくなったら、息を吸いながら足を伸ばし、再度おこなうと楽になります。

無理なく、続けられる範囲で試してください。




おすすめの記事