ねじりのポーズのやり方と効果|ヨガのポーズ

ヨガのねじりのポーズは、全身が伸びるので、たくさんの効果を得ることができるポーズです。

あまり多くのスペースが要らず、自宅でも気軽にすることができます。

今回は、ねじりのポーズのやり方と効果についてお伝えします。

1.ヨガのねじりのポーズ、やり方は?

ヨガのねじりのポーズは、座っておこないます。

まずは両足を右に崩して、横座りになります。

左足を立てて右足の外側に置きます。

お尻が左右両方とも均等に床についているように、調整します。

不安定な状態が続くようなら、お尻の下にブランケットやタオルを敷いてもいいでしょう。

左手で左足を抱えるようにして、右手は体の後ろ側の床につきます。

右手のひらは、ぺたりと全体がつく必要はありません。

息を吸って、背筋や腰を伸ばします。

息を吐きながら、体を右の方にねじります。

雑巾をぎゅっと絞るイメージで、少しずつ雑巾から水が出ていくようにゆっくりとねじります。

行けるところまで行ったら、深く長い呼吸を続けながらポーズをキープします。

背中が後方に倒れてしまわないように気を付けてください。

おへその下に意識を向けて、姿勢を安定させます。

首や肩の力を抜いて、リラックスします。

力だけで体をねじろうとしても、筋肉がこわばり逆効果です。

息を吐きながら脱力してねじることで、やりやすくなります。

姿勢が安定するなら、胸の前で合掌したままねじっても大丈夫です。

視線は後方の一点に置きます。




息を吸いながら正面に戻り、反対側も同じようにおこないます。

体や骨盤が歪んでいたら、座った時のお尻の安定の仕方が左右で異なります。

毎回、姿勢が安定しているか確認してから、ポーズに移るようにしましょう。

ヨガのねじりのポーズは、床に座ってできなくても、椅子に座ったまますることもできます。

足はそのままで体をねじり、向いた方の手を椅子の背につきます。

呼吸を深く長くすること、背筋を伸ばすことが大切です。

視線は後方の一点に集中してください。

電車の中など、立ったままでもできますから、できる時にできる範囲でおこなうといいでしょう。

2.ヨガのねじりのポーズ、効果は?

ヨガのねじりのポーズは、全身の疲労、背中の疲労回復、軽い腰痛の解消に効果があります。

呼吸をしながら体をねじることで、内臓が刺激されます。

内臓の機能が良くなると、便秘の解消、美肌効果も得られます。

体をねじるということは、背骨が刺激されるということです。

背骨にある脊椎には、交感神経と副交感神経が通っています。

刺激で副交感神経に切り替えられると、リラックス効果が得られます。

ヨガでは、背骨はエネルギーが通るところとされます。

ねじりのポーズでめぐりを良くして、老廃物を排出するデトックス効果もあります。

ウェスト、お腹周り、お尻も引き締められ、くびれができます。

朝起きてすぐ、空腹の時にすると、内臓に刺激が与えられ、スッキリと一日のスタートをきることができます。

もちろん、一日のどのような場面でしても効果的です。




おすすめの記事