戦士のポーズのやり方と効果|ヨガのポーズ

ヨガの戦士のポーズは3種類あり、順番におこなっても個別でおこなってもいいポーズです。

バランスが取りにくく難しいポーズもありますから、無理なくおこなってください。

こちらでは、ヨガの戦士のポーズのやり方と効果をご紹介します。

1.ヨガの戦士のポーズ、やり方は?

ヨガの戦士のポーズは、山のポーズからスタートします。

山のポーズは、基本になるポーズですから、覚えておいて損はありません。

単純で簡単そうに思えますが、奥が深いポーズです。

足を揃えて立ち、足の裏に意識を集中します。

足の裏全体で床を踏みしめ、バランスが取りやすいところに重心を置きます。

下腹を引き締め、太ももを内に引っ込めるイメージを持ちます。

お尻を引いた上で、背筋を伸ばします。

耳、肩、指先を線で結ぶと、一直線になるようにします。

ここで何回か呼吸をして心を落ち着けます。

ここからが戦士のポーズ1です。

足を左右に大きく開きます。

左足を外側に90度動かします。

右足のかかとと左足のつま先で直角を作ります。

腕を左右に広げ、どの指も指先までピンと伸ばします。

息を吐きながら、左の太ももが床と平行になるまでひざを曲げていきます。

目線は左手人差し指の先に置きましょう。

両足で地面を強くふみしめるようにして、下半身を重くします。

下半身が安定したら、全身を持ち上げるようにします。

下腹に少し意識を置くと、背筋が伸びやすいです。




戦士のポーズ1が完成したら、そのまま戦士のポーズ2につなげていきます。

右足を内側に45度向けて、上半身を左に向けます。

腰を前に押し出すようにして、背筋を伸ばします。

息を吸いながら、両手を肩幅に広げたまま頭上に上げて、合掌します。

息を吐きながら、前方の足を曲げて後方の足を伸ばしたまま、腰を沈みこませます。

上半身を動かさずに顔だけ上げて、空を見ます。

体重が、左右両方の足に均等にかかるように注意します。

右足の裏側全体が伸びる気持ち良さを楽しみます。

ここからが戦士のポーズ3です。

戦士のポーズ3はバランスが取りにくく、最も難しいポーズです。

無理せずに、できる範囲でおこなってください。

戦士のポーズ2が完成したところで、息を吐きながら前方の足の方に上半身を倒します。

背中、腕が床と平行になるようにおこないます。

息を吸いながら、左足を持ち上げてまっすぐ伸ばします。

指先から足の先までが、床と平行かつまっすぐになるようにします。

反対側も同様におこないます。

ヨガでは深い呼吸を意識しながらポーズをおこなうと、より大きな効果が得られます。

2.ヨガの戦士のポーズ、効果は?

ヨガの戦士のポーズは、足の強化、太ももの引き締め、ヒップアップに効果があります。

肩周りがほぐれるので、肩こりや背中のこりの改善にも効果的です。

全身の筋肉がほぐれ、新陳代謝も向上します。




おすすめの記事