エルロロのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードのトリック(テクニック)の中でもエルロロは、スピンと同じぐらいに存在感のあるトリックでしょう。

スピンが水平面で360度の回転をするものであれば、エルロロはボードと体を軸にして縦に回転するものです。

見た目にもカッコよく、やるのはさらに刺激的なトリックのひとつです。

ここではそんなエルロロのコツについて説明致します。

1.ボディボードは軸と体重移動が重要

ボディボードのエルロロを身につけるコツの一つは、回転させる軸をブレさせないことです。

まず、流れから見ていきます。

テイクオフから始まり、ボトムターンで波のボトムに降りていきます。

そこでしっかりとレールにいれて力をためて波のトップに上がっていきます。

波のトップに上がっていく過程でレールを波からぬいて、ボードをリップにあてる準備をします。

というか、ボトムに降りた時にすでにどのあたりでリップにボードをあてるのかをあらかじめ読んでおいたほうがよいでしょう。

はじめはその波の崩れるタイミングを読むのがむずかしく感じられますが、何度からトライしているうちに自然と波の崩れるタイミングを読めるようになってきます。

そういう意味からも、うまくイメージしながら何度もチャレンジすることが上達するコツかもしれません。

そしてリップにボードをあてる時は、重心をややボードのテール気味に移動し回転する方向の腕を伸ばすことで、波の力を使ってくるっと回転することができます。




このリップにあてる時に体とボードがバラバラになっていると、回転することができません。

ボードと体が一体感をもつようにしましょう。

さらに回転する時は回転するほうに意識をいくように、視線を回転側に向けるようにするとスムーズです。

エルロロが上級者のトリックと言われるのは、これらの動作を一瞬で行うことでしょう。

2.エルロロのコツは波のコンディションに合わせること

ボディボードのエルロロをさらに難解にさせているのは、波のコンディションを読む必要があるからです。

緩やかで厚めの波ではエルロロはあまりできません。

どちらかというと掘れるような波のほうが適していますが、あまりサイズが大きすぎるのも適しません。

そういう意味からも普段から海に入り、波のコンディションを読める上級者向きのトリックと言えるでしょう。

小さな波でも、ボトムターンから乗り継いで掘れるタイミングをねらって、リップにあててエルロロを決めることもできますので、コツを身につけてしまえばビーチで目立つこと間違いありません。

ボディボードは、波の力をうまく利用して、上下、水平に回転することができるとても小回りの効く動きができるマリンスポーツです。

海上で、しかも波に乗りながらそのようなことができるスポーツはほぼないでしょう。

手軽に始められるスポーツではありますが、刺激的で魅力がたくさんつまったスポーツですので、あきらめずに何度もチャレンジしてください。




おすすめの記事