ゴルフウエアや帽子の基礎知識と初心者向けの選び方

ゴルフの服装については以前お伝えしましたが、時代の流れによって段々と変化してきました。

そこで今回は基本的なマナーからくる服装を押さえつつ、よりスタイリッシュでスマートなゴルファーを目指せるようにみていきたいと思います。

1.ウエアや帽子の基本

ゴルフのマナーでもお伝えした通りゴルフは“紳士のスポーツ”と呼ばれ、昔より服装は襟付きトップスにパンツ姿という基本がありました。

今でもその基本に変わりはないのですが、時代の流れによって少し緩やかに解釈されるよになってきたところもありますのでそのあたりをお話していきたいと思います。

ウエアの基本は、パンツを含めてですがやはりスポーツを行うのですから動きやすいということが前提になってきます。

そして、大自然を相手にプレーを行うので怪我の予防のためにも出来る限り初めのうちは肌が隠れるような服装を心掛けたほうがよいかもしれません。

ただ、今はプロゴルファーもその基本スタイルを守りつつ、よりスタイリッシュになってきており、ウエアの機能性もアップしたことにより男子プロであれば細身のウエアやパンツ、女子プロであればノースリーブのウエアやミニスカートを着用する選手が増えてきました。

これは、これからゴルフを始めようとされる若い人を狙ったものかもしれませんが、ファッション性をアップさせることにより若い世代のゴルフを全く知らない人にも興味を持ってもらうという意味ではすごく効果を上げていると思われます。




帽子についても同じようなことがいえるのですが、帽子の役目としてはやはり髪をまとめたり、安全性の面から頭を守ったりするために着用します。

しかし、現在ではその帽子もスタイリッシュになってきておりいろいろなタイプの帽子が出てきています。

あとは安全の観点からは頭を守れないのですがサンバイザータイプの帽子もかなり流行ってきています。

しかし、かなりスタイリッシュになってきたウエアやパンツ・帽子などの服装についてゴルフ場によってかなりその基本ルールの捉え方が違うのが現実で来場する前には確認しておくことをお勧めします。

特に名門と呼ばれるようなゴルフ場では必ず襟付きのトップスでなければプレーどころか入場すら断られてしまうところもあるので注意が必要です。

えっ?!と思われるかもしれませんが、それが現実なのでそういうところもあるという知識だけは持っておいてください。

ここまでお伝えしてきたことを総合して、これからゴルフを始めるためにウエアを買い揃えようとされている方は、初めは男性であればやはり襟付きのウエアを、女性であればミニスカートでも構いませんがトップスは襟付きを選んで頂いたほうが無難です。

今は、襟付きでも機能的にも見た目的にもすごくお洒落でかっこいい物がたくさん出てきていますので、まずはそれらの物を購入して基本スタイルを確立してから次のステップに進んでいくことをお勧めします。




おすすめの記事