フットサルのボールタッチが上達する練習方法

フットサルでは足先のボールタッチが全てのプレイにおいて重要になってきます。

柔らかで正確なタッチの上達方法をご紹介します。

1.足裏を使ったボールタッチを有効に使おう

ドリブルの上達に足裏を上手に使ったタッチが必要になってきます。

ドリブルの練習時などに気づかれた方もいるかと思いますが、素早いターンを意識すると足横のタッチだけでは限界があります。

よりクイックなターンやストップを目指すには足裏を使ったコントロールが非常に有効です。

ただ闇雲に足裏で踏みつけるように行うとボールに体重をかけるようになってしまい転倒の危険があるので注意が必要です。

特にフットサルのボールは小さいので注意が必要です。

ボールを踏むようにコントロールするのではなく、ボール表面を撫でるような感覚で行いましょう。

この感覚を養う練習方法はボールタッチで任意の方向に進む反復練習が効果的です。

まずはつま先裏でチョンと触ってボールを動かし続いて素早く逆足を上げて同じ様にボールに触れます。

触れた際につま先に軽く力を入れてボールを思った方向に優しく転がしていくイメージですね。

交互にタッチするのを繰り返してボールを運びますが、地面に着く方の足にスムーズに重心を移動させないとボールにタッチする方に無駄な力が加わり踏み込む形となって転倒してしまいます。




タッチする方と地面に着く軸足の意識を交互に素早く切り替えるので、最初はかなり難しいと感じるかもしれません。

しかしこの動作はそのままトラップやドリブルの急停止に応用できるテクニックなので頑張って練習しましょう。

このタッチで前後左右思いのままにボールを動かせるようになると、ドリブルの際のタッチも柔らかくなり一気に上達することができます。

2.様々な場面でボールタッチを意識する

ボールタッチの柔らかさはフットサルの色々なプレイの下地になります。

足裏だけではなく、他の部位でも柔らかなタッチを意識してコントロールを行えるようにしておきましょう。

ボールタッチとはボールに触れることそのものですから、蹴る際もトラップする際もボールタッチです。

特にパスやドリブル以外ですとトラップではタッチの違いが顕著に表れるので、硬いタッチでの雑なトラップをしているとその後のプレイの質も悪くなってしまいがちです。

いきなり全てが良くなるわけではありませんが、ワンプレイごとにタッチの感覚を確認し、より柔らかくするように意識して行っていけば、自然とボールタッチが上達するでしょう。




おすすめの記事